FAN PHOTOS:ナイスフィッシュ・フォト!

琵琶湖のフローターの釣りで、ジャスターフィッシュ大活躍

1430815709855

熊谷様から嬉しい釣果報告を頂きましたので、紹介させて頂きます。

GW真っ只中(5月4日)の琵琶湖にて久々に良い釣りができたので報告致します。泊まり込みで琵琶湖に来ましたが、1日目は北湖メインでノーフィッシュをくらい、2日目は南湖でフローターを出すことにしました。

この日はほぼ曇りでたまにポツポツ雨が降る天気で、日の出と共に入水し釣り開始しました。

ウィードの新芽とトロロ藻が絡むフラットエリアにて、ワームにトロロ藻が付かないようジャスターフィッシュのダウンショットで攻めます。

1430815696395

船長のボトストを意識して、ズル引きとシェイクでのハングオフ、ステイを繰り返すと朝マヅメだけで45センチ×2、35センチ×2本釣れました。

これは間違い無いと確信して、夕マヅメに再度入り直すと数こそ1本でしたが46センチを追加することができました。湖上もボートでごった返しているGWの琵琶湖にしては、納得行く釣りができました。

私は釣りを覚えたのが霞ヶ浦だったこともあり、ジグ打ちや巻き物ばかりやっていたのでライトリグには自信が無かったのですが、今回の釣行で何かを掴めた気がします。

これからも自分の引き出しを増やすべく、船長プロデュースのルアーと共に精進したいと思いますので、よろしくお願い致します。

熊谷 祐介

(明日も獲り損ねた50アップを釣るため朝から琵琶湖に浮きます)

東岸オカッパリで自己記録更新

image1

大久保様から嬉しい釣果報告を頂きましたので、紹介させて頂きます。

ジャスターシリーズに惚れ込み2年程前から少しずつ使い込んでいまして、ようやく今年に入り釣り人生最高のシーズンスタートとなりましたので、報告します!

3月16日、今年初釣行&人生初のバスボート釣行へ大学時代の先輩に誘われガイドしてもらいました。ボートは初めてでしたので、スコーンメインに巻き続けるとのことで、レクチャーを受け開始となりました。

当日は寒波の影響で水温も思った以上に下がりかなり渋かったですが、ポイント移動した先でジグのウエイトを3/8から1/2に変えて前日に購入したジャスターシャッド スカッパノンブルーフレーク4.2インチをセットし巻いているとアタリが!

初釣行&初ボートでブリブリの48センチをゲットしました!最高の滑り出しでしたが…やはり状況は悪くて2人でその1匹でボート釣行終了となりました。

image2

その後、2人で悔しいから夕方おかっぱり行こうとなり東岸へ。ぼくは濁りとポイントの状況からジャスターホッグ3.3インチ ブラックブルーフレーク3/8テキサスに変更。ストラクチャーを狙い数投後にバイト!これまたブリブリの50センチを仕留めて2015年の開幕となりました!

image6

4月9日、ようやく休みと天候がマッチして、久々の単独琵琶湖おかっぱりへ!

東岸を南のポイントからランガンしていき、シャローのリップラップエリアでライトリグに好反応!これはベイトがいると判断しジャスターフィッシュ3.5コアユのジグヘッド1.3グラムを投入しハードボトムとウィードに絡めてシェイクしてるとひったくるようなバイト!

これまたプリっぽいボテ腹の46センチでした!夕方にもう一度チャンスがあると判断し2時間ほど他のエリアをチェックして入り直すことに。

image5

再度ポイントに入った時、先行者の方も居ましたが先ほどのポイントは丁度入れたのでラッキーでした。水面を見ていると小魚が跳ねてる!!

すぐさまそこへ先程のリグを投げミドスト…ゴン!という先ほどよりも激しいバイトでドラグなりっぱなしでしたがなんとかランディング、サイズ計ると54センチ!!自己記録を更新しました!!!

周囲の釣り人からも写真撮っていただいたり、おめでとうと優しい声を掛けていただいたり感謝ですm(__)m

これまで春のスポーニングシーズンは釣った記憶がなく苦手意識がありましたがジャスターシリーズでの釣果がきっかけをくれました!

釣りを初めて長い時間をを掛けて去年初めて50アップを1本釣ったばかりなのに、今年はもう2本。テンションが上がりすぎて報告させていただきました(o^^o)

とにかくジャスターシリーズでもっとやり込んでいきたいのでこれからもよろしくお願いします!

関東リザーバーでもナイスサイズ

1427184917849

関東のアングラーさんからも、春の便りを頂きましたので、紹介させて頂きます。

3月も半ばを過ぎ、千葉県のリザーバーの水温も10℃前後になり、いよいよ今シーズンが開幕です。

実際バスが、どの程度シャローまで上がってきているのかを把握したかったので当日は最深部12m前後の越冬場所からスタートし、じょじょにレンジをあげていきました。

ディープではギルしかあたらず、中間部分でもノーバイト。一日かけて丁寧に探るも、午後をまわってもノーフィッシュ。

最後の最後、まさかとは思いましたが、念のため、浮きゴミカバーの奥の1mより浅い部分にジャスターホッグのテキサスリグをスルスルと入れ込むと…入れ食いでした(苦笑

こんなところに春のグッドコンディションのバスはいたんですね、、またひとつ勉強になりました。

自分はシェイクを多用せずステイさせて食わす方法が得意なので、ステイさせているだけでも動きがでるジャスターホッグは千葉県でも僕の一軍から外せないワームとなっています。

このページのTOPへ