琵琶湖オカッパリでボトスト炸裂中。最大52cm

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖オカッパリでボトスト炸裂中。最大52cm

久米です。4月15日(土)の琵琶湖オカッパリレポートになります。

天気予報では、午後から雨になる事で、何時もよりも早目にポイントに入りますが、暖かさも増した事で沢山の釣り人でイッパイです。

季節も進み、釣れるポイントも変化してきている様に思っていたので、少しずらしたスポットからキャスト開始。

程無くして、明野君が49㎝を。先週まで好調だった、ライト三ツ又キャロにジャスターフィッシュ3,5野エビブルーをズル引き、喰ってきたのはステイでした。

しかし、後が続かない状況。そこで、杉戸船長ブログに沖の釣りでボトストが好調と書いておられたので、それを参考にオカッパリでもボトストを投入。

結果は直ぐにでました。先ずは、43㎝。続けざまに52㎝少しして47㎝をキャッチ。

ジャスターフィッシュ4,5野エビブルーにカルティバスイングヘッドの0,9グラムをセット。

キッチリ着低させ軽くシェイクしながら、ゆっくりリーリング、ハードボトムや枯れウィードに掛かれば、解して外し、そのままアクションを続けるとグーと重くなるバイトでした。

隣で釣りをされている方と仲良くなり、ジグヘッドの話しで盛り上がり、自分が使っていたセットと同じモノを使っていただくと、瞬く間に3本キャッチ。

その内の1本が45アップのブリブリさん。アクションもバイトの出方も同じでした。

少しして、自分も43㎝を追加。

今年の琵琶湖は、ウィードが少なく非常にボトストがしやすく、それでいて適度に引っ掛かりも感じられるので、今からボトストを初めたい方や、より軽いジグヘッドにチャレンジしたい方にも、良い状況だと思います。

是非、ジャスターフィッシュをセットしたスイングヘッドで挑戦してみて欲しいと思います。バイトの出方が病み付きになりますよ!

ジャスターフィッシュのジグヘッド、水中ではこんなアクションです。

« »

このページのTOPへ