スモールが激反応するブリキン、特にこのカラーがヤバい

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

スモールが激反応するブリキン、特にこのカラーがヤバい

霞水系フィールドスタッフの君和田です。今回は地元を離れて、桧原湖のスモールマウスバスを釣るために二日間遠征してきました。

桧原湖の番人、ゾイミーさんから最近の貴重な釣果情報をいただきまして、釣り込んできました。

情報 その1

ジャスターシャッドのピュンリグ。通常、ジャスターフィッシュでピュンリグをするところでしたが、ジャスターシャッドのテール波動がスモールマウスに効いているとのことで、試してみるとバイト多発でした。

密度が濃いエリアに行くと、無限にバイト続きます。スモールマウス特有のガツガツバイトが非常に楽しいです。ボトムに這わせる場合にはオフセットフック仕様ネイルリグも効果的。

情報 その2

生え始めたウィードパッチでのジャスターホッグ2.3のダウンショット。

今年の桧原湖はまだ水温が低めで例年よりウィードが短く、今年はダウンショットリーダー短めにして、ウィードにいるエビ系ベイトにリンクしたスモールマウスを拾っていきます。

ジャスターホッグはスモールマウスにとっても、まさにエサですね~。

情報 その3

急深バンク沿いでのブリキンパターン。こちらはまさに一発狙いなんですが、ブリキンを引くとどこからともなく、スモールマウスが飛び出してきます。透明度が高い桧原湖だからこそ試せるブリキンでのバスサーチ。

さすがにチェイスだけして反転したり、ミスバイトも多くはなりますが、デカバスのサーチにはうってつけ。その後のジャスターシャッドのスイミングのフォローと合わせることで釣果を稼げます。

どのワームにしても、桜ブルーがバイト多発でした。普段の霞水系ではあり得ないバイトの多さで、大満足の二日間でした。

皆様も桧原湖へお出かけの際には、ぜひジャスターシリーズの桜ブルーを持参してみてください。楽しい経験できると思います。

« »

このページのTOPへ