今の北湖ベイトパターンは、マッチ・ザ・ベイト

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

今の北湖ベイトパターンは、マッチ・ザ・ベイト

リブレメンバーの橋本圭介です。ホームグラウンドである琵琶湖北湖への釣行をレポート致します。初秋を迎えた時期の釣りに大切な要素がベイトフィッシュの動向です。

季節の進行に伴い、水温が適水温に近づくとバスは活発にベイトフィッシュを捕食し、いわゆる『荒食いの秋』を迎えます。しかし、ボイル状態となっている水面でバスが捕食しているにも関わらず、どんなタイプのルアーにでもバイトする事はなく、捕食しているベイトのサイズや動きに合せる事が重要です。

この時期の北湖は、ベイトフィッシュが多く、水面でベイトが追い回されている状況が散見され、私はこういった状況下で『ジャスターフィッシュ3.5“ネイルリグ』で好結果を収めています。

使用するロケーションは、水通しが良くベイトが回遊してくる場所が最適で、代表的な例が岩場、河口周辺のウィードエリアなどとなり、魚が濃いポイントで使用するとバスが群れで追い掛けてきます。

カラーは、アクション中のフラッシング効果があるカラーが有効で、私は腹部が白いコアユ・青ジャコやフラッシュレッドがお気に入りです!

ベイトを追っているバスはスピードも速く、掛けた後の引き味も数段強く、ワンサイズ以上大きなバスを掛けたと間違う事もしばしばあります。

ロッドワークによる早めのトゥイッチングを行うと、このベイト特有の柔らかいボディが繰り出す絶妙なイラティックアクションにより、バスにスイッチを入れてバイトに持ち込みます。

このテクニックの肝となるのは、
1 可能な限りのロングキャスト 2 誘っている途中にアクションを止めない事 3 その状況下での最適な誘うスピード・泳層を見極める事の3つです。
1 については、水面直下を誘う事から、バスからも釣り人を見つけやすくなる為です。

2 については、誘っている途中にアクションを止めてしまうと、折角スイッチオン状態でチェイスしているバスがルアーを見切ってしまう事が多いからです。尚、バスが足元近くまで追ってきている事もあり、ピックアップ直前でのバイトも多い事から最後まで気が抜けません。

3 については、チェイスのみで終わってしまいバイトに持ち込めない際はスピードや泳層が合っていない事が多いので、数パターン試してみる事が好結果につながります。私はキャスト後3~5秒カウントダウンしてからアクションを開始しています。
是非ともこのテクニックをマスターして、今まではバイトに持ち込めず悔しい思いをしてきたバスをキャッチしてみて下さい!

『使用タックル』
○ロッド:シマノ エクスプライド264UL+ ○リール:レア二ウム2500
○ベイト:GETNETジャスターフィッシュ3.5““(使用カラー/コアユ・青ジャコ・フラッシュレッド等を使用)
○フック:オフセットタイプ#1  ○ネイルシンカー:TG 0.8g
○ライン:PE1号/リーダー部フロロ6lb

« »

このページのTOPへ