霞水系オカッパリ大会、巻き一本勝負で3位入賞

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

霞水系オカッパリ大会、巻き一本勝負で3位入賞

古郡です。10月15日(日)霞水系オカッパリを舞台に開催されたBFC最終戦で3位に入賞する事ができましたので、その模様をレポートさせて頂きます。

この日私が立てていたプランは、巻きの釣り1本勝負。釣れない時間帯のライトリグの誘惑に負けないよう選択肢を捨るべく思いきって1タックルで望みました。

ただ巻きの釣りと言っても、ランガンして護岸際、水門、クイなどを打つ、通すような釣りは一切せず、いくつかの条件が重なって上手くハマれば上位には入れるであろうストロングパターン。

イメージ的にはバスのスイッチが入りシャローに上がりベイトフィッシュを追い回して食べている様なやる気満々、コンディション抜群のバスを捕るというものでした。

そしてそのパターンを成立させるのに大切な事は、魚のスイッチが入る短い時合い、タイミングをのがさない事。そのために手返しよくストレスなく巻け、しっかりアピールもしてくれるルアーを使う事でした。

そこで選らんだのが「ダブルフラッシュスピン7g+ジャスターシャッド4.2(弱チューン)」の組み合わせでした。

そして朝から雨風の降る中スタートとなりました。朝一は少し気になっていたエリアをまわりましたがノーバイト、そしてメインエリアへ。

50mくらいのストレッチをひたすら時合いがくるのを待ちながら何往復もし、二時間位巻き続けました。

かなり我慢の釣りでしたが、ようやく岸寄りのドシャローで1本目をGET!その後直ぐに2本目GET!その数分後3本目GET!数十分で3本GET!!

その後、同じ条件のエリアへ異動。ここでも50m位のストレッチをひたすら巻き続け地合いを待っていると!4本目GET!5本目GET!

これも短時間で2本!!計5本キャッチ、全てWフラッシュスピンでした。

その後帰着となりました。結果は上から46cm+42cm=88cmで2位!と思いきや同サイズの方が、釣った時間差で3位という結果で終わりました。

そして1位は、やはり強かった。。。GETNETプロスタッフの百目鬼さんでした。

トーナメントはまだ2年生の私ですが、釣ってなんぼのトーナメントの世界、サーチ、食わせを両立したダブルフラッシュスピンは今後も間違いなく欠かせないルアーの一つです。

以上、古郡レポートでした。

« »

このページのTOPへ