琵琶湖オカッパリ釣果上向き、50UPも

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖オカッパリ釣果上向き、50UPも

久米です。琵琶湖オカッパリレポートになります。

11月4日、朝から寒く、風が強い琵琶湖西岸。運良く、狙いのポイントが空いたので、キャスト開始。人も多く、プレッシャーも高そうだった為と、自分のリズムに合っていた、ジャスターフィッシュ3,5をセットしたスモラバでサーチ。

体感で寒い❗水面にも、生命感が無かったので、ジャスターホッグ2,3(シナモンブルー)をセットしたスモラバ2,2㌘に直ぐ様交換し、ボトムをしっかり取り、ハードボトム付近を中心にステイ&シェイクで。

2投目、カツッと反応が出たと同時にラインが水中に吸い込まれ、中々のファイト、キャッチできたのは48㎝。

しばらくして、暖かくなったタイミングで、水面にも小魚の反応がちらほらと出たので、ジャスターフィッシュ3,5(野エビブルー)にスモラバ1,3㌘をキャスト。

フリーフォール後、ボトストの要領でシェイク&リトリーブ、何かに引っ掛かればステイ。1度目のステイで、いきなりロッドティップが引き込まれ、トルクのある走り。何度かの突っ込みをかわしキャッチ。53㎝の良い魚。

やっぱり、プレッシャーの掛かった場所では、野エビブルーが効きますし、置きにいく時はジャスターホッグと使い分けられるのが便利です。

更に、友人明野さん。ジャスターフィッシュのダウンショットで、かなりデカイのを掛けるも2度のバラシ。かなり悔しかったようで、翌週もリベンジ釣行。

54㎝をジャスターフィッシュ3,5(上州屋オリカラ・小魚カラー)のダウンショット1,8㌘ショートリーダーで、あまり移動させずシェイクで喰わせリベンジ達成でした。

これから、冬本番に向かうと、ショートリーダーダウンショットや重さを変更させるのは良い手ですが、この時に、ワームをあれこれ変えてしまいがちですが、それが逆に正解をボヤかせてしまう様に思います。

釣り難くなる冬ですが、ジャスターベイトの末弟達を是非キャストして欲しいと思います。

« »

このページのTOPへ