琵琶湖オカッパリでは野エビブルーが絶好調

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖オカッパリでは野エビブルーが絶好調

久米です。12月2日の琵琶湖オカッパリレポートになります。

朝から、冷え込みましたが、風が無く釣りはしやすい状況。太陽が出るとポカポカで、釣り人もまだまだ沢山居られます。

とりあえず空いている場所からスタート。先ずは魚が触りたく、ジャスターフィッシュ3,5(野エビブルー)のダウンショットを1,8㌘でキャスト。

ラインスラッグを揺する程度のシェイクでアクションし、何かに引っ掛かれば、きっちりステイ。外す時も、切るのではなく、シェイクで外し、外れたらステイ❗バイトは、この時に多発でした。

ライト池元さんもナイスコンディションの良い40㎝。

ヒットルアー&リグは同じく、ジャスターフィッシュ3.5(野エビブルー)のダウンショットでした。

時間も経過し、ギルが浮きだしたのを目視できたので、サイズ狙いにジャスターフィッシュ野エビブルーをスモラバ1,4㌘にセット、よりウィードの濃いポイントを、ボトストの要領でシェイク&スイミング。

ウィードから外れた瞬間のバイトでキャッチできたのは、ブリブリの46㎝。

神野さんは、大好きなジャスターフィッシュ3,5のジグヘッドで、45㎝。
アクションはボトストで、ウィードに掛かった状態でシェイク、バイトはこの時に出たそうです。

その他にも、数が釣れかなり楽しい時間を過ごせた訳ですが、エビ類を捕食しているのか、プレッシャーのせいか、野エビブルーへの反応が良いので、琵琶湖オカッパリに出掛ける際には、是非試していただきたいと思います。

« »

このページのTOPへ