琵琶湖オカッパリ、カバー攻めで連発、50UPもGET

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖オカッパリ、カバー攻めで連発、50UPもGET

山原です。7月15日は船長ガイドに行き楽しめたので、7/21(土)は灼熱の琵琶湖・東岸オカッパリレポートに行ってきました。

連日の猛暑の中、人間的にも厳しいのを覚悟して2週間ぶりのオカッパリ。
とりあえずは、ここ1ヶ月ほど釣れていたポイントへ、暑さも考えて日の出とともに釣り開始。

途中、いつもお会いするアングラーの方と挨拶を交わし、増水時の話を聞きながら、ジャスタークローラー6.7の直リグ21gでカバーを撃ち歩いて行きます。

なかなか状況が掴めずにいましが、真夏のオカッパリそう簡単には反応ありません。誘いかたを変えながら撃ち続けていると…

着底後のステイでコツっとバイトが出たので、ロングワームなのでしっかり送りフルパワーフッキング‼️カバーに絡まりながらも、タックルパワーで引きずり出して無事ネットイン

52cm、2300g。ジャスタークローラー6.7(スカッパノンブルーフレーク)の直リグ21g。夏の定番ロングワーム、やはり効きますね❗

その後は、猛暑から身を守るため、しっかり休憩をとり夕方のチャンスにかけます。夕方には程好い風もありワンチャンあると思い、ジャスタークローラー6.7の直リグ1oz.を撃ち込んで行きます。

陽も傾き影が伸びてきたタイミングで、午前中釣れたポイントに入り広範囲に落としていきます。すると、着底後のステイでガツンとバイト‼️しっかり送ってフッキング❗  カバーから引きずり出したのは…

コンディションの良い41cm。ジャスタークローラー6.7(スカッパノンブルーフレーク)の直リグ1oz.風がやや強くなったのでシンカーを1oz.に上げています。

この風がやや強くなったのが良かったのか、続けてバイトが出ます❗。次も着底後のステイ中にバイト‼️

お次は、44cm。立て続けに釣れると嬉しいですね~❗

この後に、もう一匹掛けましたが、ジャンプ一発サヨウナラしたのは、ここだけのヒミツです(笑)

これで前回までのスランプから脱却出来たかな?今回スランプ脱却のために初めてストレートフックに変えたのが良かったのかもしれませんね。

今回、導入したのは、USオーナーばりから発売している「ジャングルフック」です。ストレートフックって、思っていたよりいいですね❗耐久性も刺さり具合も文句無し。

これから、もっと使い込んで行きたいと思います。

« »

このページのTOPへ