初冬のシャロー狙い。ルアーニュースに掲載

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

初冬のシャロー狙い。ルアーニュースに掲載

週末に発売された週間ルアーニュースに掲載して頂きました。内容は初冬のシャローカバー狙い撃ち。舞台は野池で、萩ちゃんが見事、狙い撃っております。

この時期の野池はある意味、シーズン中のプレッシャーから解放されている状態なので、基本は一発狙いができる季節。

野池での一発狙いに行く前に、是非読んで頂き、参考にして貰えればと思います。

今からの時期、野池での一発狙いを可能にするスイムベイト。使い方はこの動画をチェックです。

オカッパリでラバージグ連発。

お久しぶりです。ハギちゃんです。どんどん気温も下がり完全に冬って感じになりました。こうなってくると得意なリザーバーが生きてきます。

沖のハードボトムにはフットボール、シャローカバーには悪路ジグと2種類のジグを使い分けて攻略していってます。

沖のハードボトムをやるフットボールにはジャスターホッグ33、なるべく俊敏な動きでリアクションさせたいので、小さめのトレーラーは使用します。

重さは水深によって変えますが、5メートルまでは、3/8で充分いけます。
今回釣れたのも3/8のフットボール+ジャスターホッグ33の組み合わせでした。

日によりますが、ボトムパンプがよかったりスイミングがよかったりするので、色々試してもらいたいですね。この日に釣れたのは49センチでした。

そして日が上がれば浮ゴミのカバー撃ち。自分の中で水がクリアアップすればするほど、シャローカバーに入りやすいと思うのがこの季節です。

理由としては、水温が上昇しやすいのと、シェイドか形成されやすいのと、後、ベイトフィッシュが入りやすいのでそれを狙って入ってきます。

今回は、浮ゴミの量によって悪路ジグの重さを変えます。さらに、ゴミが多いほど重たくして入りやすいトレーラーを選択するのですが、僕はアピールを上げたいので、ジャスターホッグも43をよく使います。

ゴミの量によってウエイトを変えてあげるとさらに釣果がのびますよ~

そしてゴミ撃ちの基本としてジグがカバーに入ったらフリーフォールさすのではなく、サミングフォールさすのが肝です。軽くスプールを抑えながら軽くシェイクしながらフォールさしていく。

ジャスターホッグは低比重なんで、ジグのトレーラーにするとサミングフォールで水平にフォールしてくれるので、浮ゴミを浮いてる魚をバイトさす事ができます。

これからさらに冬になるにつれ、シャローカバーは激アツゾーンになってきますよ~特に水温が上がりやすい10時以降にはチャンスが増えてきます。今回取れた魚もだいたい10時30分ぐらいでした。

冬のシャローカバーはタイミングが大事、さらに、カバーの中で浮く事が多いです。

そんな時こそジャスターホッグの出番ですよ~なんの工夫もする事なくジグのトレーラーに付けてサミングフォールするだけで、水平にフォールしてくれます。

これがまた冬のデカバスにきくんですよ~みなさんも今からの時期釣りに行く時は、悪路ジグ+ジャスターホッグをお忘れなく!!

悪路ジグ&ジャスターホッグのセット。水中ではこんな感じで動いてますよ~。

琵琶湖オカッパリでブリブリをGET。安定のJF35

久米です。11月23日の琵琶湖オカッパリレポートになります。前日からの雨が朝迄残ったのですが、以外に暖かい琵琶湖オカッパリ。

雨が上がれば風が吹く予報だったので、午前中が勝負と思い琵琶湖西岸に。

安定のジャスターフィッシュ3,5(野エビブルー)のダウンショットからキャスト開始。僅か数投での反応があり、可愛いながらキャッチに成功。

その後も、反応があり少しだけのサイズアップ。

風が強く吹き、ラインが流されると思った時に、明野君のロッドティップが絞り込まれました。

幾度かの鋭い突っ込みを耐えて、無事キャッチできたのは、47㎝ながら、エサをたらふく捕食したブリッブリ。

風が無い時間帯に目視できた、ギルやベイトフィッシュは正に、ジャスターフィッシュ3,5とマッチ・ザ・ベイトでした。

だんだんと寒くなる琵琶湖オカッパリですが、ジャスターフィッシュを試しに、どんどん釣りに行って欲しいと思います。

このページのTOPへ