野池の落ち葉エリアでナイスサイズをGET

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

野池の落ち葉エリアでナイスサイズをGET

おはようございます!!オッチーです。2月21日に朝練に行ってきましたので、その時のレポートです。当日の天気は雪がぱらつき風も強く、極寒な朝でした。

ですが、三寒四温も少しづつ始まっており春に向け、いち早く動きだすアクティブな魚を狙いにシャローエリアに絞りました!選んだルアーは1.5グラムの自作スモラバ+ジャスターホッグ23のシナモンブルーフレーク。

基本的にはシャローでも落ち葉やウィード等が沈殿している場所、西日が当たる場所、ハードボトムがある場所、風をプロテクトする。これが厳寒期、早春の絶対条件と個人的には思ってます。

アクションの仕方はスモラバのラバーだけを動かしイメージでラインを張って緩めての意識で動かします。ジャスターホッグはパドルが浮くので、そのラバーだけ動かすイメージでアクションすると艶かしくワームが動くので、低水温期は最高のトレーラーだとおもいます。

この日も、このアクションが効いたみたいで40アップを捕獲に成功しました。

これから春になり、どんどんアグレッシブな魚が増えてくると思いますのでジャスターホッグ23でイイ釣りをし続けたいと思います!!

ジャスターホッグ2.3のパドルがどんな感じで動いているのか!!この動画をチェックです。

50UPを捕獲。ブリキンで3連発、その他にもバイト多発。

Mゾーこと森永です!フィッシングショー・キープキャストでその全貌が明らかとなったブリキンスイマー5.4!現場でのテストもいよいよ最終段階を迎えております♫

ブリキンの可能性は無限大!テストを重ねる度にブリキンのポテンシャルの高さを実感しています。先日もブリキン最大の武器であるデッドスローリトリーブに50UPが反応!

そのエリアでのMAXを誘い出してバイトに持ち込める能力はずば抜けております。

そして、さらに凄いのは、バイトが多い事。この日もバイト多発で、40UPももちろん食ってきました。

さらにもう一発。もう最高に楽しすぎます。このブリキンスイマーですが、ただのデッドではなく、究極のデッド。それは自分的には足元まできっちり引ける事が重要。

なんせオカッパリでは足元が要注意ですからね。それって実はありそうで無かった。本当にすごいスイムベイトに仕上がってます!発売を楽しみにしてて下さいね♫

以上、Mゾーでした。

ブリキンスイマー完全マニュアルを動画で公開中です。是非、ご覧下さい。

水深80cmの勝負。ブリキンでGET。

お疲れ様です。サラリーマンアングラー、オッチーです!!本日、仕事前の朝練レポートです。

昨日は日中暖かく、今日は雨予報だったので釣るなら今日!そう思って、気合いMAXでブリキンを巻きに行きました!水深80センチのシャローを引き波立つかギリギリのスローリトリーブで責めると

キマシタ!!ブリブリのビッグバス!!やっぱりブリキンはやばいなぁ。ただその一言です。笑

何がやばいって言うと、水面下50センチのデッドスローで引けるからです。言ってしまえば、まだ2月。気温がちょっと暖かくなったくらいでは、魚も勢いよくは動けません。

でも、エサは食べたい。しかも、動ける時間はハイシーズンに比べ短いので一回の捕食で満腹になりたいんですよね!

追い食いできないけど、カロリー高めのモノを食べたい。そこでデッドスローで動く、ブリキンスイマーがハマるってわけですよね!!早春の釣りでスイムベイトがハマる理由はそこだと、僕は思ってます。

みなさんも、発売になれば、ブリキンスイマーのデッドスローで早春、アフター回復のバスを手にしてくださいね。

ブリキンスイマーについては、この動画をチェックです。

このページのTOPへ