琵琶湖東岸オカッパリ、連休中も絶好調でした。

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖東岸オカッパリ、連休中も絶好調でした。

久米です。少し遅くなりましたが、連休中の琵琶湖オカッパリ状況になります。さすが、大型連休中は何処に行っても釣り人で賑わっておりました。

そんな中、できるだけ人が見落としそうなポイントに入り釣りを開始。早々に、神野さんがジャスターホッグ2,3若ゴリの1,3グラムジグヘッドで42㎝を。

やはり、プレッシャーなのかと思い自分達もマメ直リグにジャスターホッグ2、3をセット。

沖側からゆっくりズル引きブレイクを丁寧に登らせていくと。自分に45㎝が。

ライトリグを得意としている、ライト池元さんは、ジャスターシャッド3,2のウェイト付きフックを使ったズル引きで、46㎝。

このセット、根掛かりが少ないので重宝します。

しかし、この日の魚はジャスターシャッド3,2が好みの様で、池元さんに49㎝。

明野さんに46㎝。

とどめに池元さんが48㎝とその他、可愛いサイズが数本とかなり楽しめました。

今回、攻めた場所は、根掛かりも多く通常ならばロストも多いのですが、ジャスターホッグは浮力があり、直リグならば相性が抜群で、効率良く釣りができ、ジャスターシャッドのネイルリグでも同様に攻略していけます。

そして、連休も終盤になり、午後から雨という日は、少しだけ人も疎らに。

一度、確認の為別のエリアからスタート、広い琵琶湖ですのでアフターを意識し、ジャスターフィッシュ3,5青ジャコをセットしたダウンショット1,8グラムから。

少しづつ伸びてきたウィードに引っ掛け、軽くシェイクしつつステイを繰り返していると、ステイ中にグッと重くなるバイト、47㎝を幸先よくキャッチ。

しかし、後が続かず移動。

移動と同時に雨も降りだしローライトになったので、ジャスターフィッシュ4,5青ジャコに直リグ5グラムをキャスト。

フラッシングがでる様にシェイクしながら引いて引っ掛かりでステイ。ブリブリの45㎝をステイ中のバイトでキャッチ。

高橋さんも、同様の釣りを少しアドバイスすると、これまたブリブリの45㎝。

少し、アピールを加えようと、ジャスターシャッド4,2、タックルベリーオリカラの紫ベリーを弱チューンにし直リグ5グラムにセット、アクションは同様にすると
明確なバイトで44㎝。

日々、魚の状況が変わりますが、水面に見えるギルのサイズや、ベイトの光具合でジャスターシリーズを使い分けていただけるとかなり楽しめると思いますので、是非試して欲しいと思います。

ドスンと来たよ~。ブリキンの食わせ技はこれ。

1度試してみて下さい〜。

萩ちゃんです。5月18日、関東に行く前にちょっとだけ野池へ行ってきました。回復系が増えてきている状況の野池で投入するのは、やはりブリキンスイマー。

この時期に効くのは、ボトムから表層へ上げてくる釣り方。

なので、今回は、ブリキンスイマーにジカリグシンカーを付け足元のブレイクまではゆっくり巻いてきて、ブレイクの手前からはライズアップ!!

すると下から喰い上げてきました。サイズは49センチ。

ブリキンスイマーの特性の頭を上にあげて巻いてこれるので、この釣りにはかなり最適です。

デッドスローでひったくりバイト。

こんにちは。鷹野です。5月12日(水曜日)。夕方の桂川へ行ってきました。

ポストスポーンとアフタースポーンが混在しているような状況の中、ブリキンで深場のロック帯やオーバーハング、レイダウンを丁寧にデッドスローで探っていきます。

反応が出たのは岸から沖5mくらいまでの規模で、水深1.5mほどのボトムに流木が流れ溜まってできた岬状の箇所でした。

流れのヨレもあり、いつもベイトが溜まるポイントです。その先端を水面下ギリギリでデッドスローに巻いていくと、突然の突き上げひったくりバイト!

強烈な突っ込みに耐えながらも手に掴んだのは寸止めフィッシュの49㎝でした。

初ブリキンフィッシュ!めちゃくちゃ嬉しかったです!これからの季節、ますます反応が出そうで楽しみです。

今からブリキンを買いに行ってきます。

このページのTOPへ