秋のピュンリグ・無限バイト(秋はこう使う)を動画で公開しました

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖東岸オカッパリで57cm捕獲。

久米です。朝から、強風に大粒の雨から始まった琵琶湖オカッパリ。

夜明けから、北湖の狙いのポイントに入るも、風による濁りと風向きでラインが流され釣りにならず移動。気になっている場所を、北から南、更に西岸にまで、足を伸ばしますが可愛いサイズは釣れるもののサイズが上がりません。

夕方の時合いに掛け、狙いのポイントに。先行者は沢山おられましたが、空いているトコロからキャスト開始。

ジャスタークローラー4,7(シナモンブルー)のネコリグを、風も残っていたので、2グラムのネイルシンカーからスタート。

数日前に、杉戸船長との会話の中で出てきた事を思い出し、(ウィードを動かし過ぎたら喰わないよ)ウィードの引っ掛かりを調整する為、ネイルシンカーをどんどん軽くし、良い感じの引き感に。

その数投後、ウィードに軽く引っ掛かり、ユルいシェイクで外した瞬間の自発的ブルブルを感じた瞬間にひったくりバイト。

猛烈にウィードパッチに突っ込むのを数回耐え、キャッチしたのは、北のキレイな57㎝。その後、可愛いサイズながら追加でき、シビレる1日になりました。

ジャスタークローラーの特徴の1つである引き感があるストレートワーム。今回の様な風が強い時でも、しっかりと動かしている感覚が手元に伝わるのは、釣りに集中できる大切な要素です。

是非使ってみて欲しいと思います。

ジャスタークローラーはこんなストレートワームです。是非、水中映像動画をチェックしてみて下さい。

これなら食わせれるサイトフィッシング!!

どうもオッチーです。今回はリザーバーにサイトの練習に行ってきたのでレポートします!季節はまだまだ暑く、夏っぽいですが着実に水中は秋めいてきてます。

夏、リザーバーといえばバックウォーターですが、少しずつ水温も下がりつつあるので、狙うポイントは最上流から中流域という感じでした。

まずは上流域をやや下った、流れの当たらないサンドバーでジャスターホッグ23のサイト。基本的にはサンドバーに乗っかったバスを狙う感じです!!

狙いのサンドバーにバスが乗っかったタイミングでバスの後方にジャスターホッグ23のシンカー付きフックセッティングを沈めて、シェイクで気づかせる。

魚とルアーの距離が縮まった所でワントゥイッチでルアーを逃して、食わした魚は45センチでした!場所を移動して、次はバックウォーター。

上流から下ってきた、魚に対してジャスターフィッシュの0.5グラムのネイルリグをドリフトさせて、食わした魚は50センチジャストのナイスバス!

更にポイントを移動して、中流域の流れの当たらない、小石があるフラットエリア。

コアユの群れがインサイドに入るタイミングでバスもフィーディングしてくるので、ジャスターフィッシュ35のネイルリグをバスの前方にいれてトゥイッチで逃して、コンディションの良い40アップを捕獲!!

ボトムを意識して、止まってる魚に対してはジャスターホッグ23のボトム系リグ、回遊していて、中層、表層付近を意識している魚はジャスターフィッシュ35のピュンリグやネイルリグで狙っていくとイイ釣りが出来そうですよ。

まだまだサイトの練習中なんで、もっと練習して釣れる魚を増やして行きたいと思います!!

サイトで次々とデカいの見つけて釣っていくその技とは!!この動画を是非、参考にして下さい。

愛媛遠征でもピュンリグが炸裂 その①

萩ちゃんです。8月16日から愛媛へオッチーとデプスのコザッキーと遠征釣行に行った時の事をレポートさせていただきます。前日からオールで向かった四国。眠たい中でも釣り人はどんだけ疲れても釣りをする。

仮眠もとらずに朝一からスタート。四国の愛媛という事で今回はほぼサイトメインの釣行でした。見えるようになってからすぐにピュンリグで44センチをGET。

その後、四国のスタッフの森永君も合流してすぐにピュンリグでGET。回遊の魚にはほんまに強い!!

そして僕はさらにずっとサイトを押し通して、回遊系の魚にピュンリグ!!それからは、僕も肝が解ってきて連発!!

各フィールドによって多少の癖は有りますが、ジャスターフィッシュ3.5のピュンリグはI字系とトウィッチによるダートとの組み合わせ、さらにその後のサスペンドがキモ。

全て、その組み合わせなので、今から狙う魚がどの組み合わせに反応するのかを探っていくのが面白いところです。

今回も、そのキモが解ってくると、連発でした。

このページのTOPへ