東播野池で連発、一発目から54cm

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

動画で公開。軽自動車で駆け巡るハギちゃんの関東遠征、霞水系オカッパリへの挑戦

三重の野池オカッパリで培ったバス釣りのテクニックを、どれだけ他のフィールドで結果を残せるか、またさらなる向上の為に、霞水系オカッパリに挑戦する萩ちゃん。

しかも、あくまでも自分のスタイルで釣る為に、三重から関東まで毎回、軽自動車で通っている。そんな彼の関東遠征スタイルに密着取材。そしてデカバスを狙い撃ちします。

じぇっとストリーム大会3位入賞、これで年間も3位に浮上

萩ちゃんです。今回は、7月16日(日)に開催された、じぇっとストリームの大会編をお送りします。

前日までにプラをした感じ、朝一は本流より流入の浮いてる魚を釣っていくのがいいと思い、スタートと同時に流入へ。流入も粘るのではなく、一ヶ所1匹。

着いたら数名の大会参加者がいましたが、自分の釣りやすい魚だけを狙っていく。

すると開始して30分ぐらいでいきなり40ジャストが出ました。やはり信頼をおけるジャスターフィッシュ35ノーシンカーピュンリグですわぁ~

これは、まだいけると思いすぐに違う流入へ移動。ここも勝負は早かった。どちらも同じなんですが、朝一はピュンリグでのI字引きで誘い軽いトゥイッチで喰わせる感じでした。

朝はローライトでちょっと浮いてたので、反応がかなりありました。2本目は、ムキムキな41センチでしたよ。

今回の大会でもそぉなんですが、ほんまに魚を釣るならピュンリグですわぁ~

関西、関東関係なしに喰ってきますわぁ~その後、本流のほうへ。水門打ちや、玉ねぎ、沈みテトラ、石積みなどをランガン。

晴れ間が出ていた昼間はほんまに何もない時間が流れていきました。風さえ吹いてくれればよかったのですが、風もない。

携帯で天気予報を見て風が吹くタイミング、ローライトになるタイミングをはかって、夕方に勝負する事に。

かなりギャンブル性が強いのですが、なんせエリアを知らないので、信頼をおける流入にかけるしかありませんでした。するとやっぱり時合いはありました。

3時過ぎに風が強くなり、ローライトへ。そのタイミングに朝一の流入へ。ちょっと喰わせるのにスピードが必要やったのと、リアクションじゃないと口を使いにくい感じもあったので、バス!!

それが正解で、開始すぐにバイト!!のらず…またすぐにバイト!!

それが47センチでした。リミットが5匹なので、バズで後2本いけそうやったんですが、なんせのらない…

バズを投げまくり気づいたら4時30分ぐらいやったので、ウエイン会場に向かう事にしました。正直3匹やから相手にならないと思いましたが、結構渋かったみたいで、、、

なんとか3位入賞できました。1位、2位の方はちゃんとリミットも揃えてさらに40アップも絡めてきてるので、本当に凄いですわぁ~

でもこれで、年間順位も3位!!残り後1戦、年間優勝狙っていきますよ~

そして、まさに自分のスタイルでの関東遠征の模様が動画で公開されました。関東オカッパリでも激熱なジャスターフィッシュ3.5のピュンリグ、是非、観て下さいね。

ブログも日々更新中です。よろしくお願いいたします。萩ちゃんのブログ:萩ちゃんの野池から世界へ

野池カバー攻略。直リグとテキサスの使い分け

お久しぶりです。オッチーです!!知多出張からようやく帰ってきたので三重野池を再探索しております!やはり、季節も7月後半になりサマーパターンに突入してきました。

流れのない野池にとって、エアコン的になるようなポイントはシェードです!!
当然、バスも人間と一緒で涼しい場所で生活したいので、こうなるとカバー撃ちが面白くなってきます。

この日、僕が選択したリグはジャスターホッグ33のテキサスリグでした。レイダウン、アシを丁寧に撃っていくとラインが走ったのでフルフッキング!

45センチのナイスなバスでした。その後もひたすらにカバー撃ちしてナイスなバスを捕獲しました!

どちらもバイトが出たのはステイ中。やっぱりジャスターホッグはステイを入れる事がキモですね。

ちなみにリグのセッティングはフックとシンカーの間にクッションゴムを入れてあわせ切れ防止するのとシンカーストッパーはシンカーから5センチから7センチくらい離すことです。

これによって、ワームがナチュラルに動きます!!また、食ってからのバスに対してシンカーの違和感を無くす為です。

個人的にジカリグは手早くカバーを撃って、テンポよくフォールで食わせるリグ。テキサスはカバーでじっくり誘って食わせるリグ。個人的にはこんな感じで使い分けてます!

皆さんもサマーなカバーフィッシングを楽しんで下さいねぇ。ブログの方も日々更新中ですので、是非チェックよろしくお願いいたします。

三重のバス釣り野池巡り オカッパリLIFE

このページのTOPへ