今年はブリキンイヤーでした。そして来年は!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

NEWカラー反応は上々。冬でもピュンリグで50UP

最近、リザーバーにはまりまくってるハギちゃんです。もぅすっかり冬ですねぇ~でもデカイ魚は全然動いてますよ~

しかもタイミングさえ合えば見えるレンジまで浮いてくる。そんな時は、まだピュンリグがギリギリ効く時があります。

浮いてくるといってもかなりニュートラル状態で浮いてるので、かなり口を使わしにくいのですが、ピュンリグのI字からのサスペンドからの逃しは冬のかなりニュートラルな魚にもスイッチを入れる事ができます。

今回釣れた魚もピュンリグ。しかもカラーは今はプロトでやっているカラーのヒウオ。

かなり水温も下がりクリアアップしてきた水の中でもアピールしすぎないし、さらにこちらからはめっちゃ見えるカラー。

だからピュンリグとして扱いやすいし、魚から逃すタイミングも取りやすいです。

サイズは51センチ。まぁ中々口を使ってくれないクリアレイクの50アップを騙すのにはかなり最高のカラーになっております。最終テストはクリアーしているので、後は発売を待つだけです。

発売になったら是非使ってみて下さい。

Jrで連発、喰わせパワー抜群ですね。

Mぞーです!すっかり冬らしくなって鼻水もズルズルなこの頃。

仕事から帰ると杉戸さんからブリキンJr.のプロトが届いていました。

手にした時の第一印象は、、、『思ってたより小さくはないけど使い勝手のいいサイズなのかな?』といったところ。。。

そして翌日!Jr.1本のみを手にして現場へ向かいましたがこの日は朝から雨と風が強くかなり寒かった。

動きをチェックしつつ感じたのはまず飛距離!オカッパリには必要不可欠な要素!!!サイズダウンしても水押しは強そうだな、、、寄せる力もあるのか???

なんてボヤいてるとズドン!ズドン!ズドン!と来ましたよ♫欲張って夕方にも一発おかわり。笑

50センチを超えてくるサイズこそ出ませんでしたがこの時期にこれだけ魚をかけれれば寒さも吹き飛びますよ!笑

オリジナルブリキンとはまた一味違うJr。喰わせパワーは抜群ですね。きっちり使い分ければ獲れる魚も増えそうです♫

以上愛媛からでした(^^)

琵琶湖オカッパリでは野エビブルーが絶好調

久米です。12月2日の琵琶湖オカッパリレポートになります。

朝から、冷え込みましたが、風が無く釣りはしやすい状況。太陽が出るとポカポカで、釣り人もまだまだ沢山居られます。

とりあえず空いている場所からスタート。先ずは魚が触りたく、ジャスターフィッシュ3,5(野エビブルー)のダウンショットを1,8㌘でキャスト。

ラインスラッグを揺する程度のシェイクでアクションし、何かに引っ掛かれば、きっちりステイ。外す時も、切るのではなく、シェイクで外し、外れたらステイ❗バイトは、この時に多発でした。

ライト池元さんもナイスコンディションの良い40㎝。

ヒットルアー&リグは同じく、ジャスターフィッシュ3.5(野エビブルー)のダウンショットでした。

時間も経過し、ギルが浮きだしたのを目視できたので、サイズ狙いにジャスターフィッシュ野エビブルーをスモラバ1,4㌘にセット、よりウィードの濃いポイントを、ボトストの要領でシェイク&スイミング。

ウィードから外れた瞬間のバイトでキャッチできたのは、ブリブリの46㎝。

神野さんは、大好きなジャスターフィッシュ3,5のジグヘッドで、45㎝。
アクションはボトストで、ウィードに掛かった状態でシェイク、バイトはこの時に出たそうです。

その他にも、数が釣れかなり楽しい時間を過ごせた訳ですが、エビ類を捕食しているのか、プレッシャーのせいか、野エビブルーへの反応が良いので、琵琶湖オカッパリに出掛ける際には、是非試していただきたいと思います。

このページのTOPへ