日曜日でも琵琶湖のオカッパリ絶好調。50UPもGET

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

6バイト3フィッシュ、秘訣はトレースコース。

萩&オッチーの越智です!!4月11日は2人仲良く、野池釣行してきたのでレポートします。当日は雨!!そして風!!

春の傾向として単発の雨や南風は釣れるファクターになりやすいのですが、釣行当日は北西風が強く、雨も数日続いており、とてもプラス要素にはならない状況でした。

状況を考慮して、風をブロックするワンドや堰堤をひたすらにランガン!!萩野さんがまずは堰堤でお手本のブリキンフィッシュを捕獲。春らしいぶりぶりな45アップ!!

ここで重要なのはバスがスイムベイトを追い込んで捕食するようなトレースコースを意図的に作ってあげるコト。

ブリキンの特性の表層デッドスローアクションなのですが、これもそこに拘っている理由があって、その1つがバスが水面にスイムベイトを追い込んでバイトさせる。

だから、表層デッドスローアクションなんですよね!!

萩野さんが釣った魚も表層+堰堤、まさに追い込みやすい状況を作って捕獲した魚でした!

僕もひたすらに護岸、レイダウン、ブッシュ等に絡ませながらブリキンを巻き続けなんとか40アップを捕獲。

萩野さんと解散してから、帰りの道中ではインレットを絡ませた表層デッドスローアクションで更に40アップを追加!

2人で1日やりきり、ブリキンだけで6バイト3フィッシュでした。ブリキンスイマー、デカイ魚が反応しますよー!!発売したら、みなさんもブリブリ巻いてみてください!

ブリキンスイマーについてはこの動画をチェックです。

色んなリグやルアーで春を満喫中

愛媛の曽我部です。今月から解禁になったリザーバーでの久しぶりの釣行。春らしい日替わりフィッシュで、いろいろなルアーで釣る事ができました。

ゴロゴロとした石や、立木のエリアではダブルフラッシュスピン1/2orzにジャスターシャッド42で。

カバーではジャスターホッグ33のテキサスリグを。

ブッシュやごみ溜まりに丁寧に入れていくと、反応が出ます。

岬やフラットエリアではジャスターフィッシュのミドストやダウンショットでもしっかり釣る事ができました。

イメージとしてはゆっくり動かしているものの、しっかりテール、パドルでアピールする事が大切で、そこの部分においては、ジャスターフィッシュもジャスターホッグも、最大限に力を発揮できるルアーです。

是非、いろいろなリグで使ってもらって。釣れるルアーを体感してみてください!!

56cmを捕獲。琵琶湖のオカッパリでも超デッドが効く!!

久米です。4月8日(土曜日)の琵琶湖オカッパリレポートになります。

濃霧に包まれた琵琶湖。自分の中でのチャンスタイムに合わせてポイントに向かいますが、さすが休日の琵琶湖、遠目に見てもオカッパリアングラーで賑わっていました。

運良く目指していたポイント近くが空いていたので、直ぐ様ジャスターフィッシュのパープルウィニーをセットした、ライト三ツ又キャロをキャスト、早い段階でバイトが出るものの食い込まずで、ステイを長目に取るアクションに変更。

それが良かった様で、ステイ後のキク動作で重さがノッている感じ。ラインスラッグを巻き取り、そのまま巻き合わせでフックセット。かなり走る元気な魚は、54㎝

その直後に、友人の神野君も同じリグにジャスターフィッシュのギルカラーをセットしたリグで、47㎝をキャッチ。

少しバイトが遠退いたタイミングで移動し、気になるポイントをランガン。ブリキンフィッシュできるポイントにタイミングを見計らい移動するも先行者が。

焦らずキャストをしながら待っていると、移動されたので足早にその場所に。縦ストにシェードが絡むスポットにスキッピングでブリキンを送り込み、デッドスローリトリーブ、縦ストにコンタクトし抜けた瞬間にゴッと、直後に軽くなる大型特有のバイト。

一気に巻き取りフックセット。キャッチした魚は、56㎝3280グラムのビックママ。

究極のデッドスローリトリーブが可能なブリキンスイマー、短いスイートスポットでも確実に水を咬みアクションしてくれるからこその魚だと思います。

特に、琵琶湖東岸の様に水深が浅い所でも、水面下50㎝をデッドスローに引けるのは非常に魅力的です。

ジャスターフィッシュ、ブリキンスイマー、形は違えど喰わせる力は同じです。是非、使って欲しいと思います。

このページのTOPへ