琵琶湖オカッパリ、ズル引きの季節です

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

東播野池の春、ランガンで55UPをGET

ご無沙汰しております。中原ゴータです。仕事のバタバタが落ち着き、釣りの時間にも余裕ができたため、レポートを送らせてもらいました。

実はまともに釣りをしたのは昨年の10月でそれ以降はほぼ釣りに行けず。
ですので、データがほぼない状態からの春探し。

昨年実績のあった東播の野池を何か所が絞り、ランガンしながら春の魚を仕留める事ができました。

春の定番スポットの地形変化のハードボトムを1.8gのスモラバにジャスターホッグ2.3のトレーラーでひたすら軽くゆするようにシェイクしながらずる引きしていくと54㎝を捕獲。

また別の日には、シャローのカバーを10g悪路ジグ、ジャスターシャッド4.2のコンビで撃つと55㎝を捕獲。フォールスピードを速くしたくリアクション要素を出したかったためにトレーラーはジャスターシャッド4.2をセレクト。

徐々に現場復帰を目指しているのでまた釣れたらレポートを送らせてもらいます!

琵琶湖オカッパリで連発、最大55cm

久米です。前回のレポートに続いて、3月31日の琵琶湖オカッパリレポートになります。やはり、大潮絡みの琵琶湖。朝1番から、大勢の釣り人で賑わいプレッシャーも掛かった状況。

なので、手堅く魚の反応を得たい為、ジャスターフィッシュ4,5のボトストからスタート。

カルティバスイングヘッド1,4グラムに、プレッシャーを考慮し野エビブルーをセットし、ロングキャスト、着低後しっかりステイさせ、アクション開始。やはり反応が直ぐにでました。

ハードボトムの感触が伝わり、引っ掛かりでステイさせたと同時位に、グゥーとロッドティップが入り込み、巻き合わせで掛けにいくと、動かないヤツ。

かなり横に縦にと走り、ヒヤヒヤしながキャッチできた魚は、55アップの3㎏フィッシュ。

1メートル程ラインをカットし、結び直した1投目❗同じようなバイト。]

しっかりフックセットし、キャッチしたのは、ブリブリの45㎝。この後も、数回の威嚇系バイトがあり、移動しながらのキャスト。

その時に、引っ掛かりが多かったポイントを再度攻めると。
カッカッのバイト直後に一気に走るバイト。

こちらもブリブリの45㎝ながら、1700グラムオーバーの良いコンディション。

どんどん人が多くなり、賑わいを見せる琵琶湖オカッパリ。プレッシャー対策に、ジャスターフィッシュシリーズ、目立たないけれど、淡く誘える野エビブルー。

マズメ時やローライトには、フラッシング系と、使い分けられるラインナップを是非試していただければと思います。

ジャスターフィッシュの水中の様子はこの動画でチェックです。

琵琶湖オカッパリ、ボトム系に好反応

久米です。3月30日の琵琶湖オカッパリレポートになります。

この日は、琵琶湖に夕練。風がそこそこあり、ライトに攻め難い、そこでジャスターホッグ3,3のヘビダン7グラムを投入。

先週のショートバイト対策に、フックをカルティバスキニーリップにしてキャスト開始。ロングキャスト後、着低からしっかりステイさせ、ラインを張らず弛めずでシェイク。

引っ掛かりのキツい枯れウィードに掛かったトコロを、少し長目にシェイクとステイで誘っていると、やはりステイでコッとあたり、ロッドティップが入ったトコロで巻き合わせ。サイズは、45㎝ながら良い魚をキャッチ。

次第に風が強くなり、風裏を探し、ベイトフィッシュの気配がある場所で、今度はジャスターホッグ3,3エビミソカラーの7グラム直リグを。

こちらもキャスト後はしっかりステイ、シェイクはせずズル引きし、引っ掛かりで軽いシェイク&ステイ。

長目のステイで一度コッとバイトし、1度離しましたが、その場でステイさせていると、グウ~と入ってくれたので、フルフッキング。サイズは46㎝の色白女子。

動かしても、ステイでも、魅惑的なアクションが出てくれるジャスターホッグシリーズ。狙うシチュエーションで必要不可欠ですので、是非試して欲しいと思います。

このページのTOPへ