飛ばして魚のスイッチを入れる食わせ方でGET

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

ブラインドでサイトでも、食います。しかもデカいよ。

image2

森永です。地方祭も終わり、少し余裕ができたのでホームリバーの支流域を攻めてきました!

image5

たくさんあったウィードも減って水の色にも変化が。季節の変化を感じつつ、鉄板ポイントを覗くとフラフラしてる魚を数匹発見。まずはブラインドで攻めてみる事に。

image4

流れのヨレにジャスターホッグ2.3DS投入すると放置でバイトがありました♫

image1

次はサイトに切り替え、ホッグのカラーをローテーション。スカッパノンには好反応でした!

image3

いつどんな時でもいい仕事をするジャスターホッグ!頼りになります。またいい魚を手にできるようフィールドへ足を運びたいと思います♫

森永でした。

ジャスターホッグ2.3のDSがなぜ釣れるのか!!この動画見れば一目瞭然です。

琵琶湖東岸オカッパリ、巻いて反応有り。49cmもGET

dsc01936

久米です。10月23日(日)の琵琶湖東岸オカッパリレポートになります。朝1番の冷え込みもなく、心地良い位の微風。

秋らしく、先ずはダブルフラッシュスピンでチェックしていこうと思いジャスターシャッド4,2のフラッシュバスカラーをセット、更にブレードを大きなタイプに変更してキャスト開始。縦スト際を通すと、フッキングには至らないものの反応がでました!

dsc01935

そこで、ベジテーションの少し沖側にキャストし早巻きでガーグリング。次のキャストは、ヒシモの岬に絡める位の位置に通しました。ヒシモを抜けた瞬間❗水面に渦が巻きます。無事キャッチできたのは、コンディションの良い寸止めフィッシュ、49cm。

dsc01939

この後も、数度のバイトがありますが、キャッチに到らず移動。移動した先でも、同じように狙い所を決めキャスト、可愛いサイズですがアタックが派手です。魚が、散り易い秋で尚且つ魚自体はエサを捕食したい!

dsc01940

そんな時こそ、手早くプレッシャーも掛かりにくいダブルフラッシュスピンで手返しよく攻めみてはいかがでしょうか。ブレードチューンや、シンカー追加、ジャスターフィッシュやジャスターシャッド、アングラーの好みや魚の状況にも合わせていきやすいワイヤーベイトと思います。

フィールド選ばず、オカッパリで活躍するワイヤーベイト、ダブルフラッシュスピン。スピナーベイトと何が違うのか!!色んなヒントがこの動画に有るので、是非ご覧下さい。

ピュンリグ&ボトコンスイミングで完全攻略  秋の野池・必勝パターン「ルアー合衆国」を動画で公開

20160930-3

10月22日、三重テレビ「ルアー合衆国」で放送された内容を動画で公開。今回のフィールドは秋本番の野池。

表層からボトムまで、色んなレンジで次々と魚を釣っていく杉戸船長と萩ちゃん。ピュンリグからボトコンスイミングまで、秋の野池必勝パターンを実践で紹介していきます。

このページのTOPへ