東幡野池、巻いて50UPをGET。

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

本日、岐阜にオープン!!

上州屋岐阜穂積店

本日、10月8日(金)、上州屋さん・岐阜穂積店が新規オープンしました。琵琶湖にも近いので、琵琶湖向けの商品はかなり充実しております。今後、色んな情報が発信されるお店になる事間違いないでしょう。

上州屋岐阜穂積店GETNET

もちろん、GETNETコーナーも設置させて頂きました。オールラインナップ揃っております。本日から、オープンセールがあるようなので、是非立ち寄って頂ければと思います。

ヒシ藻のエッジから

野池でチャター

今週の始め、萩野君が野池で40UPをGET。

ヒットルアーはジャスターフィッシュ4,5のチャター。ヒシ藻のエッジを水面にでるかでないかのレンジを引いていると、食ってきたとの事。カラーは濁りを考慮してスカッパノンを選んだみたいです。

 

野池でバス釣り

チャターのトレーラーとして、ジャスターフィッシュ4,5やジャスターシャッド4,2を使用する事が多いですが、フラットボディーのフラッシングや、水押しを最大限に生かそうと思うと、フィッシュの方が良い時が多い。

しかし、シャッドテール特有のプルプル波動が良い時も多いので、やはり使い分けが必要となります。

可愛いサイズが沢山釣れる野池があるなら、付いてくる魚の数を観察しておけば参考になります。最初の一投は付いてきますが、2~3投して、果たしてどれくらい付いてくるか!!波動が合うか合わないか、魚はきちんと感じております。

オカッパリはカバーが良い感じ

isagi

この写真は10月末、職場体験学習の一環で、一緒にバス釣りをした地元の中学生が釣っている時のもの。彼にとって最高の一週間になったみたい。

 

琵琶湖オカッパリ

そんな彼から、昨日写真が届きました。11月3日、自転車で琵琶湖大橋を渡り、東岸オカッパリに行ったみたい。そこで、自分で色々ポイントを探しながら、一日キャストを続け、この44cmをGETしたとの事。

琵琶湖オカッパリ

ヒットルアーはジャスターホッグ4,3の直リグ7g。決して簡単ではない、東岸オカッパリですが、直リグを撃ち続けたところは、今の状況では正解に近かったと思います。

東岸オカッパリ

では、その正解に近いアングラーは本日、どうだったのか!!おなじみのショータは朝から東岸オカッパリに出撃。まずは手堅く40UPをGET。

 

直リグラバー

ヒットルアーはジャスターホッグ3,3&直リグラバー7g。

直リグ

通常のフォールのみ、またはボトムパンプではなく、リアクション気味なアクションでバイトしてきたとの事です。

東岸オカッパリ

ショータに続いて、長谷川パパも40UPをGET。

琵琶湖オカッパリ

さらに、2本目の40UPを追加。今日は、長谷川パパにリズムが合っていた様子。

直リグ

ヒットルアーはジャスターホッグ4,3の直リグ14g。いずれもカバーを撃ち続けての結果。

全体的に水が良くない状況の中なので、良くない水からプロテクトされているカバーの中に魚は入っている様子。水温が下がっているので、食いが渋くなっているが、晴れ間が続き、水温が安定すれば、またデカイのが釣れるでしょうね。

例年ならオープンウォーターでもっと釣れる東岸オカッパリですが、今年はまだカバーが良い感じです。しかし、オープンもそろそろなので、常にチェックは必要です。

野池

そして野池の方はと言いますと、比較的安定しており、昨日、短時間ながらも野池に行っていた久米さんは40UPをGET。

野池で釣れる

ヒットルアーはジャスターホッグ4,3の直リグラバー7g。

 

野池で直リグ

釣り方はコラムで紹介した最後のザリガニパターンに反応。このように見てみると、琵琶湖でも野池でも、このパターンには反応が有るようです。

カバーに強い直リグ。さらに、よりスローに動かしても、誘えるラバーが付いた事で、これから水温が下がる時期には、この直リグラバーが活躍するでしょうね。

 

ジャスターホッグ&直リグラバー、是非試してみてください。

このページのTOPへ