東播野池の春、ランガンで55UPをGET

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖オカッパリ、ヘビダンで50UP

久米です。3月3日の琵琶湖オカッパリレポートになります。

若干、到着が遅くなった琵琶湖オカッパリ。幸いな事に、目的のポイントには先行者は無し。

数日前のショートバイトの反省から、手堅くいこうと、先ずはジャスターホッグ3,3の8㌘ヘビダンを丁寧にリグり、キャスト。

フリーフォール後、きっちりステイさせ、リズミカルにシェイク&リトリーブ。最初の、枯れウィードに掛かったトコロで、ラインスラッグを少々出した状態でのステイ、

その瞬間に小さい鋭いバイトが伝わりますが、慌てずロッドティップが入ったトコロで、フルフッキング。

デカイの特有の重たい首振り、何度も突っ込まれましたが、無事キャッチできた魚は、53㎝のブリブリ。

数日の風により、白濁りが入っていたので、春らしく上州屋オリカラレッドを使用。やっぱり、濁りにジャスターホッグの水押しは効果的。

今から、旬です。非試してみて下さい。

春の琵琶湖オカッパリ、シャローで反応あり

久米です。2月25日の琵琶湖オカッパリレポートになります。

前日に琵琶湖オカッパリに出撃。この日は、水深のあるポイントでやり切りましたが、結果が伴わず、考えを切り替え、翌日の25日はシャロー狙いに。

マンメイドの絡むシャロー、そこに枯れウィードやハードボトムといった何か+αを、ジャスターホッグ3,3ブラックブルー&フットボールジグで、丁寧に探りながら釣り込み、良い感じの枯れウィードを発見。

ウィードに引っ掛け、シェイク&ステイ。ホグシながら、ウィードを抜けステイの瞬間に、明確なバイト。48㎝ながら、かなり良く引く良い魚。

やっぱり春らしく、ジャスターホッグのパドルが良い水押しアクションを、ステイの時は、キッチリ斜め立ちで存在を示してくれていると思います。

冬から目覚めた魚にジャスターホッグ、是非試してみて欲しいと思います。

ブリキン背針チューンを動画で公開中

ブリキンスイマー5.4の背針チューン、セット方法を詳しく解説。ブリキンスイマーの特徴でもある、デッドスローかつ微妙な首振りアクションを、できるだけ損なわず、さらによりイージーに背針チューンができるようしました。

セット方法等、また水中をどんな感じで泳ぎ、そして障害物を回避してくるのか!!この動画を観て貰えれば、一目瞭然。イメージが確信に変わると思います

中々浮いてこないデカバスを獲る為に、このチューンで、少し深いレンジを、さらに障害物をよりタイトに攻めてみて下さい。オカッパリスタイルにおいてはかなりアドバンテージが出るので、是非、試してみて下さい

このページのTOPへ