フィールドレポートNo5 マッチ・ザ・ベイトで野池のデカバス狙い

フィールドレポートNo5 マッチ・ザ・ベイトで野池のデカバス狙い

野池1

皆さんこんにちは、三重県でフィールドモニターをさせて頂いている久米真也です。今回は「秋の野池オカッパリでのサイズ狙い」について紹介させて頂きたいと思います。

馬肥ゆる秋と言います通り、野池のバス達も真夏の暑さから解放され活発に捕食行動をとる様になって来ました。しかし、気が付くと可愛いサイズの数釣りで終わってしまうのが秋の怖いところでも有ります。

そんな中で、効率的にデカイ魚を狙う為に自分自身が愛用し、自信を持っているのがジャスターホッグ4,3をセットした釣りで、今まで色んなリグで実績を上げております。

野池2

まずこの4.3インチというサイズ、野池では少し大きいと感じるかもしれませんが、実はこのサイズに意味が有りまして、ある生き物をイメージして、ジャスターホッグ4,3を使用しております。

野池でザリガニ

ではその生き物ですが、それは皆さんもご存じのザリガニです。この時期になると、見かける事は少なくなりますが、よ~く見ると、居ます。それもデカイのが!!

そしてそのデカイザリガニほど岸際のブッシュ周りに居る事が多い訳ですが、実はそのデカイザリガニを捕食しに来るのが野池のデカバスで、まさにそれを狙う訳です。

野池のポイント

ジャスターホッグ4,3を使用するにあたってはテキサスリグや直リグを使用する事が多く、ブッシュをよりタイトに攻略していくには欠かせないリグになっております。

どんどん水温も下降してくると一度の捕食で効率よくエサを摂取したい魚達、そこに7g以下のテキサスや直リグをスローに落とし込み、軽いシェイクで誘っていくのが、バイトを得る近道。

直リグ付けるワーム

ジャスターホッグ特有のプリッとしたマテリアルと、ステイ時にパドルを持ち上げる浮力が水中で水を押し、さらにそのパドルの揺らめきは、まるでザリガニがアシ原で休憩、またハサミを上げ威嚇している姿にも見えます。

また例え底が泥でも、ステイ時に埋もれる事も少なくしっかりとアピールしてくれます。もちろんオープンウォーターにロングキャストし目に見えないスポットを探るのも大いに有りです。

ジャスターホッグ4,3

ジャスターホッグ4,3、この大きさならではの存在感が効率良く魚にアピールしてくれますので大きいと思わずに積極的に投入して頂ければ良い魚に巡り合えると思います。またザリガニパターンとして、赤系のカラーを使うのもかなり有効です。

久米 野池

野池の秋、夏から育ったザリガニが今一番大きくなる時期です、まさにマッチザベイト!一度と言わず二度、三度と試して頂き良いサイズに巡り合って頂きたいと思います。

« »

このページのTOPへ