実はソルトでもかなり釣れます。

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

実はソルトでもかなり釣れます。

吉田です。今回は夜中に出発し明け方の時合い狙いで三重県南部方面へと行ってきました。
春を告げる魚でメバルなので春を感じてきました。

明るくなり始めた段階で釣行を開始しジャスターホッグ23をジグヘッド単体1.5gで狙います。
カラーはグロウをチョイスしメバルが溜まっている本命ポイントを目指します。

ですが先ずは離れたところからスイムチェックしながら徐々に攻め近づいて行きます。
レンジがわからないので同じところには二回ほどレンジ違いでメバルを探り本命ポイントに届く位置に来たら表層からミドストの要領でアクション沈み過ぎないよう気を付けながらリーリングするとすぐに明確なバイト❗

細いラインなので慎重にやりとりをし上がってきたのは産卵後なのかスラッとした魚体でした。
ですが、しっかり吸い込んで丸のみになっていました。

もう一度、同じように表層を狙うとまた連続でバイト表層の当たりが少なくなってくるまで釣れ続けました。少し時間をあけて次は中層~ボトム付近を狙います。

中層でも釣りかたは変わりませんが表層よりリーリングをゆっくりにし一定層を引いてくるイメージで狙います。

根掛かりを恐れてリーリングが早くなりレンジが上がってきてしまい釣れなくなった過去の経験から我慢してゆっくりにしました。

すると、しっかり反応してくれました。海草にスタックしかけましたがその時だけは弾くようにほぐしリトリーブ再開。メバルはしっかりバイトしてくれるので合わせが決まると気持ちいいです。

中層でも何匹か連続でヒットしましたがすぐさまスレ始めたのでワームカラーを桜ブルーにチェンジですが、あちこちでボイルしているので近付いて来るのを待ちます。ルアーが届く位置でボイルしたのでキャストしただ巻きで当たり釣れたのが何故かサバでした。

そして、あっという間に太陽が上がったので90分程ですがこの日の釣行は終了としました。

前年まではメバルの吸い込みのためにジャスターホッグのメインパドルを細くカットしていましたが今回は何もせずに使用しました。しっかりとしたバイトは確実に吸い込んでくれていたので今後もカットせず使っていきます。

今回のタックルは610ftのライトゲーム用のロッドとソアレCI4+の組み合せにラインはカルティバ マイクロゲームPEハイライト0.2号にサンライン スーパートルネード0.6号を使用。1.5gのジグヘッドにジャスターホッグの23でグロウと桜ブルーを使用しています

ジャスターホッグ2.3はバスだけではなく、ソルトでもかなり釣れるので、是非試してみて下さいね。

ジャスターホッグでの根魚攻略、この動画の中でもボコボコです。是非、ご覧ください。

« »

このページのTOPへ