弱チューンのサイズローテーションでGET

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

弱チューンのサイズローテーションでGET

image2

愛媛の曽我部君、弱チューンを上手に使い分けて釣っております。レポートをどうぞ!!

お疲れさまです。愛媛の曽我部です。クリークに行ってきました。朝から雨風が強く、ここはこれしかないという事で、ジャスターシャド 弱チューン。

まずはリップラップ周りをシャッド42で水面に出るか出ないかを引いてきます。リップラップの入り口付近まできたらカーブフォールさせてステイさせてやるとラインが走りました。40UPのいいバスでした。

image3

このバスをヒントに今日はここだ!っていうエリアに移動すると、バイト多発もなかなか乗せられず。ここでシャッド42からシャッド32の弱チューンにチェンジ。ウィードエリアをゆっくり通しているとバイトがありました。

image4

コンディション抜群の47cmのバス!!正直気持ち良かったです。

image1

ジャスターシャッド弱チューン、巻いてよし、止めてよし。
朝夕のまずめタイムでは入れ食い状態という話も聞いていますので是非試してみて下さい!!

以上、曽我部君レポートでした。

P1100484_R

23日の船長琵琶湖ガイドのゲストは親子さん。お父さんがナイスサイズをゲット。

P1100486_R

ヒットルアーはジャスターシャッド4.2の弱チューン。カラーはスカッパノン・ブルーフレーク。

P1100516

さらに主役の小学校3年生となるショウタ君もナイスサイズをゲット。

P1100521_R

ヒットルアーはやはり、弱チューンでした。カラーはコアユです。

これから秋に向かうと、さらに横への動き、また広範囲に魚が散る事から、線で釣っていけるジャスターシャッド4.2の弱チューンが効果を発揮してきます。

カラーローテーション、ネイルシンカーのウエイト調整を細かくしていけば、さらに釣れる魚は増える事でしょう。

また今回紹介してくれた曽我部君のジャスターシャッド3.2の弱チューンも、オカッパリにおいてはかなり有効です。

是非、試してみてください。

ジャスターシャッド4.2の弱チューンとは!!この映像をチェックです。

« »

このページのTOPへ