オカッパリで、手堅く釣る為に、ついに投入!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

オカッパリで、手堅く釣る為に、ついに投入!!

久米です。12月15日から12月17日にかけての釣行レポートになります。

12月15日、昼過ぎから時間が出来たので、野池へ。先ずは手堅く釣りたいので、ジャスターフィッシュ3、5のダウンショットからスタート。

枯れヒシモが堆積している場所で、数回のショートバイトで、フッキングまで至らず。そこで、ジャスターフィッシュ2,5(野エビブルー)にチェンジし、同じ場所にキャスト。

丁寧にシェイク&ステイさせると、小さくコッとバイトがあり、スラッグが引き込まれてからの巻き合わせで、36㎝をキャッチする事ができました。

続いて翌日の16日は、琵琶湖北湖でライト池元さんが40㎝のプリプリさんをキャッチしたとの連絡を頂きました。

こちらも、ジャスターフィッシュ2,5(ヒウオ)のダウンショットをウィードに絡ませながら、スローにシェイク&ステイ。

すると、数回のバイトがあり、ロッドティップが入る迄我慢してからのフッキングでキャッチされたそうです。

そして17日。雨の為に時間が空いたので、またまた野池へ。この日、水温を計ってみると、表層付近でこの温度。

一応、深い場所からチェックしてみますが、反応が得られない為に、シャロー(1㍍程)にジャスターフィッシュ2,5(ヒウオ)の1,8グラムダウンショットをキャスト。

ゴロタ石ゾーンを引っ掛けながらシェイク&ステイ。少しキツメに引っ掛かったのをロッドティップで弾いて外した瞬間にリアクション気味バイト。

そのまま巻き合わせで対応、走るジャンプするの良いコンディションの39㎝を無事キャッチ。

まだまだ、水中は本格的な冬になりきっていなく、散っている難しい状況のように思えます。

それでもジャスターフィッシュ2,5は、小さいながら、しっかりとジャスターフィッシュのアクションを受け継いでフラッシング&ロール、ここぞという場面で活躍してくれました。

皆様、発売されましたら是非お手に取っていただき、キャストして欲しいと思います。

日々の釣行は自分自身のブログ(琵琶湖オカッパリおっさんバサーの奮闘記)で紹介させて頂いておりますので、よろしくお願いいたします。

 

« »

このページのTOPへ