日曜日の五三川で40UPを2本、超ハイプレッシャーでも釣れる

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

日曜日の五三川で40UPを2本、超ハイプレッシャーでも釣れる

フィールドモニターのセイゴです! 3月3日(日曜日)の五三川釣行のレポートになります!この頃調子が良く、魚が結構入っている中流のエリアを中心に回りました!

やはり休日な事もあり、アングラーさんで賑わい5m間隔で人が居るような状態でしたが、プレッシャーがかかり出しても力を発揮してくれるジャスターフィッシュ25のネイルリグを使い丁寧にアプローチしていきました!

昼からは雨予報なローライトな1日でした。選んだのは画像のような整備されている護岸周辺でのボトムズル引きのアクションです。

このエリアのボトムには、大量の沈み物があり地形変化が激しく起きています。春に入り暖かくなるにつれて小さいベイトや、エビなどが地形の変化や石の隙間などに溜まり、それを狙うバスにアプローチしていきます!

ベイトに動きを合わせスローに誘いをかけると朝1発目から40upのスタートです!

ジャスターフィッシュ25はこの釣りでのベイトに完全にマッチしていることもあり、バイトが物凄く多くもらえます!

その後も同じようにスローにアプローチしていくと可愛いサイズが次々に釣れてくれました!

人が増えると同時にショートバイトも増えキャッチ率が下がる中でジャスターフィッシュ25のサイズ感だからこその吸い込みの良さもあり、連続ヒットにも繋がることが出来ました!

少し時間もあけ沖からカケ上がりをスローに引いてアプローチに変えてみると、またすぐに40upを追加出来ました!

ベイトにあったサイズ感が重要で、ワームが小さくてもタイミングが合う時には40upがテンポよく釣れてくれています!あとはスローに動かしても、ボトムに引っかけてからパンッと外したアクションでも、ジャスターフィッシュ25は姿勢が安定してくれます!

普段から25のネイルリグには0.4g前後のシンカーを使っています。このセッティングなら普段引っかかっています地形変化やストラクチャーをストレス無くタイトにアプローチする事が可能です!

釣りもしやすい季節になるに釣れて、ハイプレッシャーになるフィールドでの食わせのライトなアプローチ方法、これから先も活躍に期待しています!

発売になれば、是非試してみて下さいね。

« »

このページのTOPへ