野池で50UPを2本、アプローチ方法を考えて!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

野池で50UPを2本、アプローチ方法を考えて!!

お疲れ様です!!オッチーです。三寒四温も始まり、本格的に春になってきました。
魚もシャローを意識しはじめ、いよいよシーズンインですね!

今回は連日、野池に釣りにいってきたので、その時のレポートになります。1日目は、巻きの釣りからフィネスまで幅広く釣りをしました。もちろん、何となくではなくて、フィールドの状況を掴みたかったからです。

春といえばスポーニングですが、毎日バスのポジションはバラバラで外せば、釣れない事も多々ある季節になります。僕が個人的にキーとしてるのは、ワンド。ワンドの浅い側かベイマウスなのか?

これを基準にアプローチ方法を考えるようにしています。

1日目は風が当たらないシャローでバスらしき波紋が見えたので、すかさずジャスターフィッシュ35のDSをアプローチ!!当日はハイライトで水質もクリアでしたので、カラーは野エビブルーを選択しました。上手くタイミングが合い50アップが釣れました!!

ラインを3LBを使用していたので、ランディングした瞬間切れたので危なくバラす所でしたが、サイトでは、ライトラインのメリットは大きいので、オススメですよ!!

2日目は晴天無風のタフな状況。一見暖かく釣りやすいと思われる状況ですが、それは人間側だけで、バスは日向にやる気なくサスペンドしてるだけパターンがよくあります。

そんな状況では、カバー撃ちが有効になることが多くあり、ジグにジャスターホッグ33でひたすらカバー撃ちをしました。もちろん、ハイシーズンのようにテンポよく撃つのではなく、じっくりと丁寧に誘ってあげてください。

また、ジャスターホッグはラインを揺するだけで、パドルが動くので、そういった状況に極めて有効になります。アプローチを続けていると、ゆっくりラインが走ったので、フルフッキングして釣れたのは、またもや50アップでした。

なかなか難しい季節ですが、気合いで魚を追いたいと思います。笑

« »

このページのTOPへ