野池オカッパリで反応続くフリーリグ

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

野池オカッパリで反応続くフリーリグ

久米です。野池レポートになります。

以前からご一緒釣行をと思っていたアンディーさんと野池フリーリグ修行に。数日前と違い、ギルが岸際から離れていたので、いつものジャスターホッグではなく、ジャスターシャッド42の弱チューンフリーリグを選択。

これが正解!先ずは、アンディーさんが先制。アクション的には、ジャスターホッグとさほど変わらないのですが、ボトムパンピングやシェイクは、ホッグの時よりも若干強めにし、カットしたテールがプルプルと動くのをイメージし、ステイも若干短めがいい感じでした。

続いて、自分も同じアクションで、ナイスフィッシュをいただき、そう方共にアベレージサイズを入れながら、アンディーさんが追加。
何せ、ノラ無くても、バイトは頻繁にあるので、集中力が高まり楽し過ぎるセット。

そして、自分にもナイスサイズが追加。秋深まる時期で、捕食対象もコロコロと変わると思いますが、ボリューム感やシルエットに、水押しでジャスターシリーズを使い分けていただければと思います。

事実、この日は人が多かったのですが、連発は自分達だけで、アンディーさんも驚き、更にフリーリグにもハマって自分でも、驚いておられました。

ジャスターシリーズ共通ののエアホールのギミックや柔らかなマテリアルがいい仕事をしてくれていると思いますので、動かした後のステイはお忘れ無くですよ。

フリーリグのイメージが湧く映像が満載の動画です。是非、参考にして下さいね。

« »

このページのTOPへ