真冬の琵琶湖オカッパリ、ローテーションで反応続く

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

真冬の琵琶湖オカッパリ、ローテーションで反応続く

久米です。1月18日の琵琶湖オカッパリレポートになります。

年が明けてから、段々と人が増えプレッシャーもかなり掛かってきている琵琶湖オカッパリ。なので、手堅くジャスターフィッシュ25のダウンショットからスタートするのが、魚に触れる第一歩。

その中でも、カラーローテーションとシンカーの調整、更にアクションを変えていくと、サイズ、数共にアップして楽しい釣行になるかと思います。

先ずは、日によって違ってくるとは思いますが、ジャスターフィッシュのアクションで、やはり、キビキビよりもフワフワとした、ラインスラッグを利用したシェイクに反応が良かった日になり、更にボトム付近に反応が良い状況だった為、捨て糸も何時もより短めの20センチ弱。

軽いアクションで、引っ掛かりを感じる程度のシンカーを使い、引っ掛かりを感じたら数回アクションをし、ステイ❗️

ステイ後に軽くキイてから、食っていなければアクション開始。
ほとんどのバイトは、引っ掛かりステイの後で食ってきているのか、キイていく最中にクンッと入るので、注意が必要です。

後は、ジャスターホッグ23のライトキャロも有効な場合もあり、二度程軽くトゥイッチし、ロングステイで、ラインが入ってくれるので、楽しい釣りです。

その日その時で、反応も変わるので、ジャスターシリーズの末弟達をローテーションして楽しい釣りを満喫していただけたらと思います。

« »

このページのTOPへ