野池のフリーリグに高反応

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

野池のフリーリグに高反応

久米さんから釣果レポートを頂きましたので、紹介させて頂きます。

日課になっている野池夕練。どんよりしたと思うと晴れ間がでる梅雨ぽいお天気の中、ジャスターホッグ43メロンレッドフレークの直リグシンカーを用いた5グラムフリーリグでキャスト開始。

風もそこそこ強く、その風を利用してロングキャスト。ヒシモの密集地帯を中心に、引っ掛かけてはホグして外し、外れたら瞬間にフリーフォールで狙っていくと❗️

3投目に引っ掛かりを外して、フォール中をグンッとバイト。ジャスターホッグの前腕部が、引っ掛かかって良い仕事をしてくれていると思います。

何時もならば、少し長めに送り込みますが、場所が場所だけに、ラインが引き込まれた瞬間にリールを巻いて、重さがノッたトコロでフルフッキングで。綺麗な回復した、良く引く魚さんでした〜。

ラインを結び直し、少ししたところに釣り友の西岡君も合流。彼は、ジャスタークローラー57のフリーワッキーをキャスト。

マスバリを使用している為、ヒシモがパラパラと開けたトコロを狙っていき、少ないヒシモに引っ掛かけて、外したフォールでゴンっとバイト。この魚も、よくジャンプし西岡君もニコニコ。

夏が近づくにつれて、メロンレッドフレークやスカッパノン等のザリガニチックなカラーと、フォールにシンカーとワームの時間差が出せるフリーリグは効果的ですので、是非試してみてください。

ただし、引っ掛かりを外したらしっかりラインスラッグを出してステイは忘れずです!

«

このページのTOPへ