ジャスクロとジャスホ!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

ジャスクロとジャスホ!!

 

3

リザーバーや野池でデカイのを狙う場合、見えバスを如何に仕留めるかは、かなり重要なテクニックとなります。

マーシ山本はジャスターホッグ2,3のダウンショットが、見えバスハンティングにおいて最強の武器となっておりますが、クローラーも勉強中との事。

そんな勉強中の釣行レポートを送ってくれました。

4

お疲れ様です!山本です!7/2釣行のレポート送ります。今回は午前中ジャスタークローラー5,7をメインに頑張りました。
ストレートワームは苦手意識があったのですが、ジャスタークローラー5,7ネコリグを使って1キャスト目からバイトが♪

1

のんびり歩きながらキャストを繰り返すと釣れる釣れる(汗)ブラインドで釣ってたのでなかなかサイズアップしませんでしたが、15匹程釣ると嬉しい40UPもキャッチ出来ました(^^)

2

何となくですが、ジャスタークローラー57の使い方分かってきました!

7

午前中は30~42㎝までを20匹程釣ったので、午後からは得意のジャスターホッグ23ダウンショットで楽しんできました。

6

前回ほど爆発力はありませんでしたが、手堅く45UPを2匹をキャッチできました。

9

やはり2匹ともに川エビを狙ってた魚で、ジャスターホッグ23をためらいもなく食ってくれました♪

8
まだまだこのパターンは健在のようで、次回釣行も楽しみです!

そしてお次は曽我部さんからもレポートを頂きました。

10

曽我部です。今日は朝練で、リザーバーのオカッパリに行って来ました。

スタートはジャスターシャッドで表層から中層、横の動きに反応するかをチェックしましたが、いい反応が得られず、バックウォーターへ。

到着すると目の前にフローティングカバーがあり、周囲には小バスがチョロチョロ。

横持ち 23

カバーの中にバスを発見したので、カバーの外側で、ジャスターホッグ23のダウンショットをシェイクしていると、カバーの中から飛び出して来たので、すかさずトゥイッチしてやるとバイトしてくれました。

横持ち23の口

その後はカバーから出ていくのが見えたので、少し下ったところのコンタクトするポイントで一点シェイクで1本。

魚

対岸にあるチャンネルが絡んでいるフラットエリアで、着水後ステイ。バスが寄ってきたらシェイクで食わすパターンで1本と、バラしも含めるとたくさんのバイトが得られました。

口 DS23

今回メインとなったジャスターホッグ23のダウンショットですが、

縦持ち

メインベイトとなる川エビやゴリなどの動きをしっかりと出せて、サイトが苦手な自分でも、たくさんのバイトが得られ、楽しい時間が過ごせました。

縦持ちの口の中

これから夏本番。バックウォーターのデカバスをガンガン釣っていければと思います。

まさに、これぞ小魚!!と思わせる映像が満載な動画を公開しました。是非、イメージから確信に変えて頂き、実践で役に立てて貰えればと思います。

« »

このページのTOPへ