東岸オカッパリで51、53、57cm

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

東岸オカッパリで51、53、57cm

0710-1-57cm

既に杉戸船長ブログでも公開済みですが、只今、海外遠征の為、このGETNETブログの更新が滞っておりました。しかし、その間にも、琵琶湖・東岸オカッパリは絶好調のようです。

早速、東岸オカッパリマスター・ショータレポートを紹介させて頂きます。

お疲れ様です。ショータです。7月10日(木)急遽昼過ぎまで時間が空いたので釣行し釣果を出せたので報告します。

この日はローライトで時折雨が降る状況で風がそれほどなく釣りやすい状況でした。フィールドに着いて、まだ雨は降ってないタイミングで1本目、57cmをキャッチする事が出来ました。

0710-2-kuti

リグは前回と同じサスカートを付けたジャスタークローラー6.7ライトウォーターメロンレッドフレークカラーのテキサス14gのリグを使用。

カバーに撃ち、まず天井で誘いを入れてからスローにフォールをさせると着底直後にラインが走り一撃でした。

0710-3-46cm

1本目をキャッチ後雨が降り出し、なぜか活性が下がってしまい、その間は撃ってみるも反応がありませんでした。

その後、雨が止むとまた活性が上がり2本目のこの魚をキャッチしました。サイズは46cmでリグは先程のテキサスリグでした。この魚は、天井からスローにフォールさせている間にバイトしてきました。

0710-4-47cm

雨が止み、2本目キャッチ後ここからラッシュとはいかなかったですが、連続的にキャッチする事ができました。この魚は3本目の47cmで、リグは同じのを使用。

この魚は、スローにフォールさせて、ボトムで長めにステイを入れると押さえ込むバイトしました。

0710-5-53cm

4本目のこの魚は、テキサスリグではサイズが落ちている感じだったのでリグをバウヘッド3/8にジャスターホッグ4.3スカッパノンカラーに変更し53cmをキャッチしました。

0710-6-53cm-kuti

バウヘッドを使う事によって、自然にフォールが遅くなるので、フリーフォールさせていると一気にラインが走りキャッチする事ができました。

0710-7-51cm

こちら最後の5本目の魚でサイズが51cmでした。リグは先程と同じジャスターホッグ4.3を使用。
この魚は、カバーに撃ちすぐさま天井シェイクすると引ったくっていきました。この4、5本目は、予想通りリグをジャスターホッグ4.3に変更することによってサイズUPしました。

0710-8-51cm-kuti

今回使用しているラバーを付けたジャスタークローラー6.7のテキサスリグとジャスターホッグ4.3の使い分けとしては、ジャスタークローラーはラバーを付けボリュームUPで魚に見せ着底後のリアクションバイト狙い。

そして、ジャスターホッグは天井での水平姿勢とボトムでのステイ中の姿勢でのバイト狙いで使い分けました。

以上がショータレポート、10日でのヒットパターンでした。

« »

このページのTOPへ