東岸オカッパリでデカバス炸裂中、50UP×4本

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

東岸オカッパリでデカバス炸裂中、50UP×4本

①0722 54cm yoko

真夏となり、どんどんデカバスが入ってきている東岸オカッパリ。タイミングと釣り方次第では、かなり狙える状況になっております。琵琶湖・東岸オカッパリマスター、ショータレポートをどうぞ!!

お疲れ様です。ショータです。7月22日(火)1日空いてたので釣行してきました。

朝一は少し前まで行っていたポイントに様子見てきました。以前より活性は下がっていたのですが、魚がいる事がわかったので最初は強い釣りで反応みることに。

ですが、強い釣りでは全く反応してこないので、フィネスの釣りに切り替えました。

②0722 54cm kuti

ベイトフィネスにPDチョッパーmini3.5g+ジャスターホッグ3.3スカッパノンカラーをセット、カバーが薄くできておりシェードになっている所にキャストし、ボトムで細かくシェイクすると反応が有りました。サイズは54cmです。

③0722 56cm

こちら2本目の魚で56cmです。

④0722 56cm kuti

1匹目同様、同じリグでひたすら撃ち続けます。ヒシモの表層を誘いながら引いてきて、エッジでフォールさせるとそのままラインが走っていきました。

⑤0722 50cm

さらに、本日3本目の50UPとなる50cmをキャッチ。

この魚の前に40UPを釣っており、サイズが下がったタイミングで、もう一度強い釣りをしてみました。

⑥0722 50cm kuti

直リグ14gにジャスターホッグ4.3上州屋オリジナルカラーのセットをウィードの濃い所に撃ち、サミングフォールさせて着底と同時にバイトしました。

⑦0722 53cm

一通り朝一のポイントを攻めたあと、他の場所の状況も見たかったので移動。
カバーもある場所なので、とりあえずカバー撃ちをしてみるも、バスが居るのは観察しててわかったのですがバイトはしてきませんでした。

そこで、次にPDチョッパーmini2.7gにジャスターフィッシュ3.5コアユカラーをセット、まだ薄い状態のヒシモカバーの表層を引いてポケットでフォールさせるという釣り方で一撃でした。

サイズは52cmでした。この日の釣果は50UPは4本、40UPが5本、その他多数。

強い釣りには全然反応がなく、フィネスでの釣りにすると良い釣果を叩き出す事が出来ました。

以上ショータレポートでした。

東岸オカッパリで好調なジャスターホッグ&直リグ。果たして水中でどんなアクションをしているのか!!必殺天井シェイクとは!!

イメージから確信に変わる映像を是非、ご覧ください。

7月26日、三重テレビ「ルアー合衆国」で放送された内容を動画で公開しました。是非、ご覧ください。

« »

このページのTOPへ