霞水系オカッパリでも釣れるワーム

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

霞水系オカッパリでも釣れるワーム

IMG_1210

いよいよ関東でも春の反応が出始めたようです。地元でもある霞水系のオカッパリに出掛けた百目鬼(ドウメキ)さんが、良く釣れたとの事で、レポートを送ってくれました。早速紹介させて頂きます。

こんにちは、百目鬼です。3月18,19日と霞水系のオカッパリに行ってきたので、レポートを送りますので、宜しくお願いします。

3月も半ばを過ぎ、霞水系の水温も10℃を超え、いよいよ春バスの時期がやってきました。このタイミングを逃すまいと、霞水系へ行ってきました。

IMG_1213

まずは、横利根川に入り、ジャスターホッグ23をマス針にセットしたダウンショットで護岸際をチェック。

春バスが入って来そうなシャローエリアでは反応が無かったので、水中ストラクチャーがあり水深のあるエリアに移動。

IMG_1218

このエリアで、サイズ25~30センチのバスを6本ゲット。季節は春らしくなってきましたが、水中の魚たちはまだ動き出していないのか、冬のポイントで釣れました。

IMG_1222

二日目は、北浦のハードボトムでデカバス狙い。9~11センチのミノーやジャークベイトでの釣り。

この日はベイトを寄せる風が吹かず無反応でしたが、今月末から4月初めぐらいにはデカバスが釣れるでしょう。

IMG_1237

結果、一日半の釣行でバス8本、すべてジャスターホッグ23のスカッパノンカラーで釣りました。霞水系、エビ系ワームが強いですね。

マス針ダウンショットでも、常に水平姿勢をたもてるジャスターホッグ、1軍入りです。

以上、百目鬼さんの霞水系レポートでした。

フィールド問わず、オカッパリでかなり活躍してくれるジャスターホッグ2.3ですが、水中ではどんなアクションをしているのか!!この動画の中に収録されておりますので、是非チェックしてみてください。

« »

このページのTOPへ