東岸オカッパリ、ジグからヘビダンに変えたのが正解!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

東岸オカッパリ、ジグからヘビダンに変えたのが正解!!

DSC00818

昼過ぎまで湖上勤務、終わってから東岸オカッパリに行った久米さんから速報が入りました。

本日は、杉戸船長の御手伝いとテストで湖上に。朝から、雪、霙、更には暴風といった天候でかなり寒くテスト項目であるシャローは殆んど触れない状況でした。

その為、早めに上がり船長はそのまま湖畔へ自分は、東岸に!まずは、ハードボトムをしっかり確認するため、7グラムのフットボールジグにジャスターシャッド4.2をセット、遠投しスローに巻きました。

数投目に、コッとバイト、その瞬間に重さが無くなったのでフックセットしましたが、一瞬だけの重み。ワームを確認すると、フックまで歯形が届いていない!

DSC00819

そこでジャスターシャッド4.2はそのままに、リグを7グラムのヘビーダウンショットに変更。連休中のプレッシャーも考慮し、シェイクはせずにズル引きし、何かに引っ掛かったり
ハードボトムを感じたらフリーに落とすの繰返し。

2投目に、ハードボトムを引いてステイ、フォールした瞬間にバイトがでました!ブリブリの良い魚で、50にはほん少し足りない寸止めフィッシュです。

DSC00821

確信を持ち、ラインを結び変えて再度、同じ様な感触のスポットで続けざまにバイト。今度も良く引きました。41センチのこれまた、キレイな魚です。

この間にもカラーを変えてキャストしましたが、数日の風で濁りもキツくなったいるせいか、ショートバイトでした。

スパークワイン

今日は、スパークワインがバイトも深く、春の濁りには、淡いピンクのカラーが自分的にも良く多様し、結果も出ているのでお薦めです。

今日、掛けれなかった魚も、次回は確実に捕りたいと重います。

以上久米さんレポートでした。

野池やクリークで順調に釣れ始めているピュンリグ。さらにこれからデカイのが連発するでしょうね。しかし、このピュンリグ、実はフックセットやラインさばきも非常に重要で、それを間違えると効果は半減します。

そこで、ピュンリグの開祖でもある萩ちゃんが詳しく動画で説明してくれているので、是非参考にしてみてください。

« »

このページのTOPへ