南湖から北湖東岸まで、DS&弱チューンが好調

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

南湖から北湖東岸まで、DS&弱チューンが好調

023

琵琶湖の北湖東岸を得意とする橋本さんからレポートを頂きましたので紹介させて頂きます

リブレメンバーの橋本です。お盆休み期間中の琵琶湖釣行をレポートします。連日の猛暑が少し緩んだのか曇り空のせいか、若干涼しげな早朝からスタートしました。

弱風の中をプラグ中心でシャローを攻略するも、小型が反応するのみのイマイチな展開が続いていました。

035

陽が昇り始めた事から作戦をマンメイドストラクチャーのランガン攻略に変更すると、良型がポロポロ反応し始める良さげな展開。

042

お昼前から風が強風となり、大型が反応し始める予感を感じ、ジャスターシャッド3.2“DSをポイントにキャストすると2㎏程のビッグフィッシュがバイトしてきました。

048

強風がまともにあたるマンメイドの風裏に入り、流れてくるベイトを演出する事を意識し、キャスト後はナチュラルドリフト状態を保つようにして誘っていくと、バイトが連発し始め一時は入れ食い状態となりました。

049

この状況下では、ジャスターシャッドのシャッドテールが産み出す大きい波動が効いたのか、

053

同船者が使用するベイトとはバイト数に大きく差が開きました。
(もちろん、その後は同船者もジャスターシャッドに交換してバイト多発状態に!)』

以上、橋本さんレポートでした。

P1100351

船長琵琶湖ガイドでもジャスターシャッドが好調です。と言ってもDSではなく、4.2の弱チューン仕様が絶好調。

19日の琵琶湖ガイドでは、ゲストさんが58cmを捕獲

P1100345

ジャスターシャッド4.2のスカッパノン・ブルーフレークでした。

P1100387

さらに船長は59,5cmを捕獲。

P1100391

ジャスターシャッド4.2のブルーギルでした。

P1100441_R

21日の船長琵琶湖ガイドでもやはり弱チューンに好反応。ゲストさんがナイスサイズをGET。可愛いサイズは沢山。

P1100454_R

船長もナイスサイズをGET。数釣りからサイズ狙いまで、幅広く使えております

これから魚が散る秋においては、DSから弱チューンまで、色んな条件で活躍してくれるジャスターシャッドです。是非、試してみてください。

船長琵琶湖ガイドの詳しい様子については杉戸船長ブログをご覧ください。

« »

このページのTOPへ