琵琶湖・東岸オカッパリ、雨で好反応

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖・東岸オカッパリ、雨で好反応

DSC01262

久米です。11月8日の琵琶湖東岸オカッパリレポートになります。

本日、久しぶりのまとまった雨。かなりの雨量となった琵琶湖でした。先ずは、キッチリと状況を確かめたくライトリグでスタートしました。

20151108_181425

リグは、ジャスターシャッド3,2の弱チューンダウンショット。狙っていったスポットは、水の動きがある所です。しっかりとキャストし、ボトムをとってからティップを軽く揺する程度のシェイク、リールは、この時にでるラインスラッグを取る位で、常に巻続けていきました。

底にあるウィードやストラクチャーにあったても、軽く外してそのままアクションしていくと、ロッドティップが入っていきます。最初に遊んでくれたのが、元気な44センチ!

DSC01264

その後も同じアクションで立て続けにナイスキーパーを追加。

DSC_2106

更に可愛いサイズも遊んでくれます。昼食を挟み、再度釣り開始。リグは同じでアクションも同じ。ウィードを外してアクションを続けていくと重くティップを押さえ込むバイトがでてくれましたね。

サイズは48センチ!今日の魚はジャンプはせず、走りまくっりでした。

DSC_2112

本日は、ステイを入れずにアクションを続けていると押さえ込むバイトがでましたが、コツッやココンといったバイトがでても慌てずあわせにいかず、アクションを続けたほうが良かった様です。

イメージとしては、ジャスターフィッシュのボトストを想像していただけると、分かりやすいかと思います。後は、どんなサイズがきても必ず一匹毎に結び直しておいた方がより安全ですね。

ジャスターシャッドの弱チューンの解説動画です。是非、ご覧下さい。

« »

このページのTOPへ