野池&ソルトも小さな巨人でGET。

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

野池&ソルトも小さな巨人でGET。

タケノコ手持

お疲れ様です。中原ゴータです。ソルトと東播野池のレポートを送ります。

そろそろロックフィッシュが面白くなる季節なので、11月4日、仕事終わりに短時間ながら神戸の海の様子を見てきました。毎年よく釣れるポイントにジャスターホッグ2.3の3.5gの豆直をボトムまでしっかり落としてボトムをズルズル。

すると、コツコツ当たるも乗らず・・魚のサイズがかなり小さい様子。何か所かランガンしてポイントを変え、丹念にボトムを攻めているとゴッ!と明確なバイト。

タケノコ口

今年一発目のロックフィッシュはナイスサイズのタケノコメバルでした。魚がいるポイントさえ押さえておけば反応は得やすい釣りなので、年末の忙しい時期の癒しの釣りとして毎年楽しん でいます。

これから本格的にシーズンインなのでジャスターホッグ2.3の豆直でボトムをズル引きしていればきっと楽しめると思いますよ。

ホッグ23手持

そして6日、ホームである東播野池に行ってきました。前回のレポートでも書きましたが、水温上昇がキーになってきているので、温かくなり、上着を一枚脱ぐタイミングで本格的に釣り開始。太陽が昇り切り、温かくなってくると子バス、ギルも浮きだします。

ここで見えている子バスのレンジにルアーを通してしまうと金太郎飴状態になり、ポイントもつぶれてしまうので、子バスを避けるようにレンジをずらし、1.8gスモラバ+ジャスターホッグ2.3のコンビをボトム付近をスイミング。

ホッグ23口

するとあっさり、45クラスがバイト。前回も ボトム付近でバイトがあったので、同じようにボトムを意識した釣りに展開したのがよかったみたいです。

まだまだシャローエリアも生命観がありますが、水温もハイシーズンにくらべかなり下がってきているので、大きいサイズのルアーには反応が鈍くなりつつあります。

ルアー

かわりにジャスターホッグ2.3のような一口サイズのルアーがこれからの季節の切り札になってくるので、魚はいるのに口を使わない状況がよく起こるこれからの季節にぜひ投げてほしいルアーです。

以上、ゴータ君レポートでした。

ジャスターホッグ2.3の水中映像はこの動画をチェックです。

« »

このページのTOPへ