冬でのピュンリグ炸裂中、遠征でも必需品

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

冬でのピュンリグ炸裂中、遠征でも必需品

1455275017109

萩ちゃんです。2月9、10日と四国へ遠征に行ってきた時の事をレポートさせてもらいます。2月9日は僕の行いが悪いのか、爆風で魚も1匹しか触れず終了。

翌日10日は朝から晴天無風、ボトムも魚も丸見えの状態でした。これは、サイト日和と思いきややはり冬、簡単には口を使ってくれません。しかし、そんな時でも魚に口を使わせるのが、ピュンリグ。

1455275966040

橋の下だけが唯一魚が安心できるのか、どんどん魚は橋の下へ入って行くのを確認できたので、下流側から上流に向いてできるだけ奥の奥までスキップで入れ、後はナチュラルドリフト。

1455276247015

ちょっとしてから軽く2、3回トゥイッチを入れるとラインが走って行きました。これは、朝一やったんで、まぁ魚はフィールディングモード。

1455276443000

ただ人の気配で口を使わなかっただけやったんですが、昼になると超ナチュラルモードで、ピュンリグを追う感じが全くなくそこで使用したのが、ジャスターフィッシュ35のピクピク。

なるべく移動距離を抑えつつ誘えるピクピクは、スイッチが入っていない春を意識しだした魚にはかなり有効です。

1455276579072

答えはすぐにかえってきました。他にもデカイのがバイトしたんですが、ミスバイト連続。
冬から早春にかけては、結構ある事ですね。

それからも、ピクピクでやってたんですが、急に風が吹いてくると、一気に魚のレンジが下がりだしピクピクへの反応が悪くなってきたので、このタイミングでエリアチェンジ。

1455276904916

この風がかなりプラスにはたらいたのか、魚がフィールディングモードへ。でもレンジは下がり気味、でも喰う気は満々な感じがしたので、ピュンリグにチェンジ。

すると、やはり魚はやる気満々で、しかも、流れの真ん中でベイトを待ってる感じ。上流からナチュラルドリフトで流して行き軽いトゥイッチで、ライズアップ+ダートアクションで魚は反応しまくりでした。

1455276945283

もぅ投げるたびにバイトが続く状態。ですが、流すコース、トゥイッチのタイミングを間違えと喰ってこない。

流れのヨレにウィードが生えてるんですが、そこで、ベイトを待ち伏せてる雰囲気。そんな魚には連続トゥイッチが有効でしたね。この魚は連続トゥイッチからちょっと水中に入れた瞬間にバイトしてきました。

1455277132253

夕方に、4連発をたたきだしました。

ピュンリグは、I字引き、連続トゥイッチ、ダート、ナチュラルドリフト、と1つのリグで色々なアクションが出せます。

1455277239364

さらに、これを可能にしてくれるのがジャスターフィッシュ35。

今回もそぉやったんですが、確かにピュンリグで釣れた魚がほとんどやったけど、晴天無風の昼間とかになると魚のスピードが一気に落ちる事が多い。

そぉなると、サスペンドできるピュンリグに付いてはくるけど、ダートアクションにまでついてこれない。

そんな時はピクピクでなるべく一点で誘ってあげるのが有効です。ジャスターフィッシュ35だけでも色んなリグ、誘い方ができるので、僕の釣りにはジャスターフィッシュ35がないと成立しません。

1455277400827

みなさんもジャスターフィッシュ35で色んなリグを試してみて下さい。そして、めっちゃいいリグがあれば、こっそり教えて下さいね。

「ピュンリグタックル」

ロッド:シマノ・ゾディアス264UL-S
リール:シマノ・ツインパワー2000
ライン:サンライン・F.Cスナイパー3.5ポンド
フック:オーナーばり、ピントフックS(プロト)#4
ルアー:GETNET・ジャスターフィッシュ3.5

以上、萩ちゃんレポートでした。

ピュンリグの開祖、萩ちゃんがピュンリグを解説、そして50UPを捕獲した映像です。

« »

このページのTOPへ