シャローが熱い!!野池でブリブリの50UP、

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

シャローが熱い!!野池でブリブリの50UP、

DSC_2400

久米です。2月14日(日曜日)、午前中に所用を済ませ、お昼前から後輩と野池に行ってきました。午前の内は、かなりの雨量でしたが暖かい雨昨晩からも冷え込みもなかったのでロッド2本でランガンスタイル。

オープンウォーターやパラアシにはダブルフラッシュスピン、カバーにはジャスターホッグ3,3に悪路ジグ8グラムでの釣り込み。まだ、横の動きには付いてこないのか、シブイ状況。夕方のチャンスに賭け、カバー撃ちにシフト。

DSC_2401

ウェッピング気味にアシの向こう側にキャストし、ゆっくりズル引きし、アシを感じたら
極軽いシェイクを加え、その後ステイ。

ステイのイメージとしては、ジャスターホッグのパドルが自発的に浮き上がるのに2秒

そこから、悪路ジグ本体が浮き、斜め立ちステイで3秒のトータル5秒程のアクションを
心掛けました。

DSC01331

まさに、バイトが出たのはステイ中!コッやゴンは無く、ロッドティップが重くなっていくバイト。カバーの中から巻きアワセで出してきたのはブリブリの51センチ!

DSC01324

ジャスターホッグ&悪路ジグ。本当に相性抜群で、ステイ中でも釣り人に出せないアクションをしてくれております。

DSC01332

何しろ、かなりのカバーを撃ちましたがロストも0で、リズムよくキャストができるのも
利点だと感じます。御使用の際には、ステイを必ず入れてバイトに備えて欲しいと思います。

使用タックル

ロッド:シマノ・ゾディアス172M
リール:シマノ・アルデバラン7
ライン:フロロ14ポンド
ルアー:カルティバ・悪路ジグ8g&ジャスターホッグ3.3(スカッパノン)

野池のオカッパリにおいて、もう無くてはならない悪路ジグですが、いよいよ発売目前と迫ってきました。その悪路ジグとは、どんなラバージグなのか!!動画を公開したので、是非チェックしてみて下さい。

« »

このページのTOPへ