5月の琵琶湖南湖を攻略。ボート編(子供も楽しめるバス釣り)

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

5月の琵琶湖南湖を攻略。ボート編(子供も楽しめるバス釣り)

48cm H28.5.21

『リブレメンバーのフッキングパパこと橋本です。5月の琵琶湖南湖釣行時のレポートをご紹介します。5月の琵琶湖攻略は、産卵に左右される事となり、プリ~ミッド~アフターといったどの状態のバスを狙うかによって、大きく釣り方が異なってきます。

IMG_20160521_094651

私が例年狙っているのは、産卵後のいわゆるアフタースポーンのバスで、産卵に体力を消費した事もあり早い展開の釣り方で狙うのは非常に難しいです。

IMG_20160528_121621

狙う場所は、南湖東岸の比較的浅く水温が高い場所で、産卵場所からほど遠くなく付近に身を寄せる事が出来る障害物やウィードが存在する場所です。(勿論、ベイトとバスが集まりやすいハードボトムが好条件です。)

ベイトは、ジャスターシャッド3.2”を使用し、リグについては、タテの展開ではダウンショット、ヨコの展開で広く探る際はスプリットショットリグを用います。

IMG_20160528_131910

ジャスターシャッド3.2“は、この時期のメインベイトとなるコアユの大きさともジャストマッチし、バスにとってはエサ状態です。

実際の釣り方は、ダウンショットではコアユを追ってバスが回遊してきそうな場所でのステイによるバイト待ち、スプリットショットはボートを流してドラッギングで広く探っていきます。

リブレカップ6位 H28.5.15

この釣り方で、5/15に開催されたリブレカップでは第6位

IMG_20160521_121458

5/21は、ほぼ釣り未経験の娘と釣行して48~40㎝を5匹と中型多数といった釣果でした。

47cm H28.5.21

スプリットショットによるドラッギングは初心者でも手堅くバスをキャッチできるメソッドですので、ぜひお試しください。

IMG_20160515_133815

使用タックル [ダウンショットリグ]

ロッド:シマノ ゾディアス168L-BFS リール:アルデバランBFS ライン:8lb シンカー:2.7g フック:#2

IMG_20160528_080319

[スプリットショットリグ]

ロッド:シマノ エクスプライド2610ML リール:レア二ウム2500 ライン:6lb シンカー:3.5g フック:#2 ※リーダーは60㎝程

以上、橋本 圭介さんのレポートでした。

« »

このページのTOPへ