霞水系オカッパリ、ダブルフラッシュでGET。さらにブリキンでも。

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

霞水系オカッパリ、ダブルフラッシュでGET。さらにブリキンでも。

岡田です。自分のマイフィールドでもある、霞&利根川水系の近況をレポートします。

3月中旬を過ぎてから、シャローエリアでのダブルフラッシュスピンへの反応が良くなってきました。実は、昨年春に、発売になったばかりのダブルフラッシュスピンで良い釣果に恵まれました。

そして、昨年のパターンがまた今年も再現できそうなので、今回はその使用法を紹介させて頂きます。

先ずはレンジ、必ず魚の目線より上を意識して引いています。目安は水深の半分より上です。

そしてスピード、ダブルフラッシュスピンがバランスを崩して水面に出てしまうか、でないかのギリギリの早巻きです。

早巻きに拘るのは、フィーディング状態はもちろんの事ですが、フィーディング状態にないバスをリアクションで口を使わせるためです。

この二つを同時にするには、ルアーが浮き上がり易いのでショートキャストでのアプローチになります。投げても10m~15m程です。

この釣り方で巻ける範囲をバスを寄せるより、当てに行く感覚です。ひたすらキャストしながら移動して行きます。今年もこの巻き方で反応が出始めました。

みなさんも状況によりレンジやスピードを調整して、ダブルフラッシュスピンで楽しい釣りをして頂きたいと思います。

そしてブリキン!プロトをお預かりして直ぐに釣る事ができました。ヒットしたエリアは、まさにダブルフラッシュスピンを使用しているエリアと同じです。

このブリキン、究極のデッドスローを可能にデザインされておりますが、実は表層での早引きも可能なので、自分のリズムにあっているとかなり期待しております。

このブリキンスイマー、関東フィールドでも活躍する事は間違いなく、自分自身かなり楽しみにしております。これからの関東でのブリキンの釣果にも期待して下さい。

« »

このページのTOPへ