五三川でデカいのが釣れる黄金セット。

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

五三川でデカいのが釣れる黄金セット。

今年の夏から、フィールドモニターをさせて頂く事になりました伊藤です!!主に岐阜県の五三川に通っておりますので、釣果報告も五三川が多くなるとおもいますので、よろしくお願いいたします。

早速初めてのレポートという事で、8月19日、仕事前の朝練釣行のレポートをさせて頂きます。この日も、朝から日差しも強く、暑い1日の始まりでした。

そんな中ここ最近の五三川は流れも少なく魚もバテバテです。休日には人的プレッシャーも物凄く高いので釣り人には厳しい日々が続いていますね。

そんな中かなりキーになるのはやはりシェード&カレント。フィールドが五三川だと1番に目に止まるのは手前のカバーや目に見えた沈み物などのストラクチャー。

ですがプレッシャーと水の動いていない状況を考えて行くとシャローに上がるのを嫌う個体も出てくると思います。

だからこそ視点を沖にある杭や橋桁に変えてみるとすぐに反応が!

沖の縦ストラクチャーにべったり付いている47cm!!この魚にしっかり口を使わすにはどれだけタイトに攻めていけるかが問題です。

そこで活躍するのがジャスターホッグの直リグです!シンカーから真っ直ぐ落ちてくれるのでストレスなく沖へのアプローチが決まります!

五三川で釣りをしていて思う事がデカイ個体相手だと派手なアクションを嫌う魚が多いと思います。だからこそジャスターホッグが活躍するのです!

フォールした後のステイでの自発的アクション!ナチュラルに誘います!!思わずモンスターバスも口を使ってしまうわけです!まさに実績充分な黄金セットです。

その後もすぐ40cmを追加!!一級ポイントにはやはりいいサイズが入りますね!

あとは五三川の水質ですが田んぼや畑が隣接しているため極端に濁りが入る時もあれば急にクリアアップされるエリアもあります。

そこで僕はメインで濁りが入った時はスカッパノン系で綺麗な水が動くエリアでは野エビブルーで使い分けをしています!

この様な流れが今魚を手堅く触っていけるのではないのかな?っと感じています!
ジャスターホッグの直リグでの沖へのアプローチ是非お試しください!!

« »

このページのTOPへ