琵琶湖オカッパリで連発、最大51cm。カラーも重要!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖オカッパリで連発、最大51cm。カラーも重要!!

久米です。9月15日の琵琶湖オカッパリレポートになります。朝1番から狙いのポイントに入る事ができ、釣りを開始。

まずは、先週に良かった釣り方から入るも反応がありません。

少し休憩しながら、湖面を観察していると、先週あったアオコも無く、水質が良くなっている、更にベイトフィッシュも時折水面を騒がしく泳いでいました。

そうなると、ジャスターフィッシュ3,5が手堅いと考え、先ずはフラッシングが出るカラーからいくも、反応が薄い。

すると亮多君が、ロッドを曲げてフッキング。ジャスターフィッシュ3,5(野エビブルー)をセットしたスモラバ1,3グラムでコロコロサイズをキャッチ。

中々良いペースで、次の魚も。可愛いサイズを入れ、あれよあれよという間に、軽く二桁釣り。

彼が、釣りまくっている間に、自分は色々と試して、検証しておりましたが、やはりフラッシングを押さえたカラーが正解だったようで、

ジャスターフィッシュ3,5(ヒウオ)に1,3グラムスモラバ、更にネイルシンカー0,6グラムを腹部に平行に挿す、自称エビフォールチューン。

キャスト後はしっかり底をとり細かいシェイク&リトリーブ。巻くのは、シェイクで出たスラッグ程度で、ウィードに掛かればステイを5秒程。

バイトは、1度目のステイでグゥ~と重く入り、巻きアワセ。水温も下がり元気な良く引く51㎝を無事キャッチ。

ラストは亮太君が、ハードボトムでギルバイトを我慢して、ステイさせていると、突然ロッドティップが水面に引き込まれるバイト。

多少擦られ、ドキドキしましたが、無事48㎝をキャッチ。

この日は、フラッシングを嫌がっていた様ですが、逆にフラッシングが抜群に効果的な時もあります。

ですので、数あるジャスターフィッシュのカラーの中から、お気に入りを試していただき、そのカラーとは違ったカラーも試していただけるとより釣果に繋がると思います。

是非、琵琶湖オカッパリの際にジャスターシリーズをキャストしてみてください。

« »

このページのTOPへ