野池のフリーリグに高反応

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

野池のフリーリグに高反応

久米さんから釣果レポートを頂きましたので、紹介させて頂きます。

日課になっている野池夕練。どんよりしたと思うと晴れ間がでる梅雨ぽいお天気の中、ジャスターホッグ43メロンレッドフレークの直リグシンカーを用いた5グラムフリーリグでキャスト開始。

風もそこそこ強く、その風を利用してロングキャスト。ヒシモの密集地帯を中心に、引っ掛かけてはホグして外し、外れたら瞬間にフリーフォールで狙っていくと❗️

3投目に引っ掛かりを外して、フォール中をグンッとバイト。ジャスターホッグの前腕部が、引っ掛かかって良い仕事をしてくれていると思います。

何時もならば、少し長めに送り込みますが、場所が場所だけに、ラインが引き込まれた瞬間にリールを巻いて、重さがノッたトコロでフルフッキングで。綺麗な回復した、良く引く魚さんでした〜。

ラインを結び直し、少ししたところに釣り友の西岡君も合流。彼は、ジャスタークローラー57のフリーワッキーをキャスト。

マスバリを使用している為、ヒシモがパラパラと開けたトコロを狙っていき、少ないヒシモに引っ掛かけて、外したフォールでゴンっとバイト。この魚も、よくジャンプし西岡君もニコニコ。

夏が近づくにつれて、メロンレッドフレークやスカッパノン等のザリガニチックなカラーと、フォールにシンカーとワームの時間差が出せるフリーリグは効果的ですので、是非試してみてください。

ただし、引っ掛かりを外したらしっかりラインスラッグを出してステイは忘れずです!

琵琶湖東岸オカッパリで63cm 3500gをゲット!!

かなり遅くなりましたが、山原さんから頂きました釣果レポートを紹介させて頂きます。6月後半の琵琶湖・東岸オカッパリレポートです。

前日まで続いた全開放水が250tに落ちて、昼前から雨予報の中スタートです。数ヶ所ポイントを回り雨が降りだしたなか、まずはウィードの位置や種類を素早くチェックするためにジャスターシャッド42の弱チューン・ネイルリグで一流し…。

次にジャスターフィッシュ3.5のダウンショットに持ち変え、まずはシンカー2.6gでウエンツ・アクションの練習を兼ねて往路。異常無し…。

復路はシンカー1.8gに変えて、杉戸船長・アクションで流して行くと…スラックシェイクでウィードに軽く引っ掛けステイ…

ウィードからゆっくり外して直ぐステイの時に、弛んでいたラインがゆっくり引き込まれていきます。ラインが真っ直ぐになったところで、スィープにフッキング❗

掛けた瞬間に分かる重量感とドラグが悲鳴を上げるので、これはデカイと確信❗巻いては出されを繰り返すうちに、ようやく姿を見せたのは確実にロクマルクラス❗

手前でのジャンプと最後の突っ込みに注意しながら、ガッチリ掴んで、持ち上げた瞬間から手が震え出してきてヤバい…。

ヒットルアーは、GETNET・ジャスターフィッシュ3.5の上州屋オリカラ「若鮎」の1.8gダウンショットです。計測の結果は、63cm・3500gでした❗この日は、ステイ長めが良かったみたいですね❗😁

杉戸船長・アクションとウエンツ・アクションを上手く使い分けて、これからも良い魚が獲れるよう頑張りたいと思います。

皆さんも是非、2種類のアクションを使い分けてみてください。ウエンツ・アクションはウエンtubeで詳しく解説されていますので、そちらをご覧ください。

琵琶湖東岸オカッパリ、初のフリーリグでGET

3月20日の琵琶湖東岸オカッパリレポートを久米さんから頂きました。

朝から穏やかな日で、人間には優しい釣り日和りでしたが、自分達はショートバイトに悩まされていた状況に、1本の連絡が❗️

最近、よく一緒に釣りをしているタク&アヤちゃんカップルのアヤちゃんから歓喜の声。

なんと、ジャスターシャッド32野エビブルーの3,5グラムフリーリグで、ブリっとした45センチをキャッチに成功。

ハードボトムをゆっくり丁寧にアクションしつつ、引っかかるとしっかりステイさせ、次のアクションに入ろうとラインスラッグを巻き取り、ロッドを立てたら根掛かりの様な重さを感じたそうです。

そこから慌てず更にロッドを引き込むと、生命感を感じそのまま巻きアワセでのヒット。

寒い冬の間も、可愛いサイズながら頑張って数釣りをしていた事が、役立ち、釣りたかったフリーリグで釣れ、涙が出たそうです。

アヤちゃん、頑張った甲斐があり、おめでとうございました。

このページのTOPへ