野池でサイズを狙うなら、ラバージグがお勧め!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

野池でサイズを狙うなら、ラバージグがお勧め!!

お疲れ様です。オッチーです!今回は仕事終わりの短時間にウゴさんと野池に行ってきた模様のレポートになります!

この時期、野池の水温は30度オーバーになってくるので水質が悪くなります。そして、シェードに魚が集まります!!

正直、コバス達の活性はあがるのでライトリグをすれば数釣りを楽しめますが、サイズをだすのが厳しくなる…。そんな時に僕がよく使うのがラバージグの釣りです。

悪路ジグ+ジャスターホッグ43をメインに使用してますが、野池での基本ウエイトは8g。これで釣れなければ、あえてウエイトを上げてアプローチするようにします!これは食性ではなく、リアクションでバイトさせるイメージで使うからです。

当日は濁りの強い野池を選択して、ガマやレイダウンにジグをアプローチしていきました!
また、シェードを広く形成しているようなオープンウォーターではジグストで線の釣りができるのもラバージグのメリットだと思います!

補足ですが、ジャスターホッグ43を使用するほうがカバー内でのアピール力も高く、ジグストに対応します。

ウゴさんにも僕にも複数バイトがあり、短時間ながら7.8匹くらいは釣ることができました。スーパービッグは出せなかったけど、比較的イイ魚が釣れたのは良かったです。

みなさんもラバージグで夏のビッグバスを狙ってください!!

お盆休みの五三川&養老水系は釣り人だらけ、その中で45UPを連発!!

フィールドモニターのセイゴです!8月16日、連休中の五三川&養老水系での釣行レポートになります!

丁度台風がすぎた直後の為、増水が激しく満水になった五三川。満水になった為、普段陸の場所やカバーも水が浸かった状態だったのでメインはジャスターホッグを使った直リグでアプローチしていき、インレットなどはダブルフラッシュスピンを使ったアプローチをしていきました!!

まずは太陽も出ていたので、シェードが多いオーバーハングが多く点在するエリアに入り丁寧にカバー撃ちをからスタート。

ジャスターホッグ3.3の直リグをフォール→ステイ→シェイク→ステイを繰り返していくとアベレージサイズが連発!

その後もランガンしていく中で、シェードになっている中でも風が当たるアシや水の動きが多い場所を重点的に狙っていくと、フォール後のステイで今までよりも強いバイト!上がってきたのはコンディション抜群な45upでした!!

ジャスターホッグ33を使っていく上で大切になっていくのはやはりステイ時間、

ステイした時にジャスターホッグが斜め立ち姿勢になり水流などでフワフワと自然なアクションが出ている時にバイトが多いイメージです!このアクションを出していく事を意識し、丁寧に誘っていくと魚のキャッチに近付いて行きます!

ラストの夕まずめの時間は水の動きが激しくベイトも集まるインレット周辺を狙いに変え、フィーディングで差してくる魚狙いで、ダブルフラッシュスピンを使い攻略しました!

台風後なのもあり普段よりも流れが強く出ているインレットに対し、ある程度扱いやすい7gを使い、流れに差しているベイトの群れの奥に送り込みバスは待機しているであろうヨレにカーブフォールさせると一撃でひったくるバイト!ラストにコンディション抜群な45upのキャッチに成功しました!

流れの中でもアピールが強くスピーディーにアプローチしていく事の出来るダブルフラッシュスピンに、カバー撃ちでの究極のナチュラルアクションの出せるジャスターホッグの直リグ。五三川でも出番が多いと思います!是非お試しください!

只今、ジャスターホッグのフリーリグの動画がが公開されているので、是非参考にして下さい。

琵琶湖オカッパリ、相性抜群なフリーリグで50UP!!

久米です。7月21日の、琵琶湖オカッパリレポートになります。琵琶湖に到着した時点では、ローライトで雰囲気がよく、釣り人で賑わうオカッパリ。中々、思いのポイントに簡単に入れず、彼方此方をランガン。

少し時間が経過し、太陽が出だしたタイミングで、おもいのポイントに入れたので、ジャスターホッグ33のフリーリグをキャスト。
水位も下がっている事と人的プレッシャー、引っ掛かり具合から、シンカーは直リグシンカーの5グラムを使用。

少しでも、シェードのある部分や、ヒシモに絡めながら、色々なアクションで探り、ボトムに引っ掛かりが多発するスポットで、少し強めに引っ掛かりを外し、完全にフリーフォール。

バイトはやはり、外した後のユラユラフォールで、ラインが勢い良く引き込まれたので、高速でスラッグを巻き、ロッドティップに重さがノッたトコロてわフックセット。かなり、ジャンプと突っ込みを繰り返しましたが、無事手中に収まったのは、50センチ。

ジャスターホッグとフリーリグ。低比重ソフトマテリアルが故の、ハングオフ時のユラユラフォールや、その後のステイ時の斜め立ちが効果的に働いてくれていると思います。

バイトが少ない時程、動かし過ぎてしまいますが、動かした後には、しっかりとラインスラッグをだし、きっちりと止めて欲しいと思います。このセット!

バイトの出方がクセになりますので、お試しください。

このページのTOPへ