楽し過ぎる!!冬の琵琶湖オカッパリ、二桁楽勝ペース!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

楽し過ぎる!!冬の琵琶湖オカッパリ、二桁楽勝ペース!!


久米です。1月5日の琵琶湖オカッパリレポートになります。前日の天気予報とは違い、雨降りからのスタートになった琵琶湖オカッパリ。

そんな天気にも関わらず、さすが琵琶湖、冬らしいポイントには、沢山の釣り人で賑わっており、先ずは空いている場所からキャスト開始します。

まずは、手堅くジャスターフィッシュ3,5(ワカサギシルバーフレーク)の1,8㌘ダウンショットから。すると、直ぐ様反応が入ります。

アクションは、ラインスラッグを揺らし、一定のスラッグを保ったままリーリング、ラインが張ったり、フケたりしたら、ゆっくりとキイていき、重さを感じたら巻き合わせていくのが良い感じでした。

シンカーも、自分が底を感じるギリギリの重さと、引っ掛かり過ぎない形状が良く、友人が引っ掛かり易いタイプを使用していたトコロ、ラインが張り過ぎバイトが無い状態になりました。

そのまま好調に釣り続けるも、プレッシャーが掛かってくると、やはりバイトが遠のきます。そこで、次なるは、ジャスターフィッシュ2,5のダウンショットを投入。すると、またまたバイトが!!もう止められません。

ライト池元さんと分担しつつキャストしていましたが、やはり日中や時間の経過と共に明らかにジャスターフィッシュ2,5に反応が良く、アッという間に二桁達成。

やはり、シンカーは軽く、1,3㌘を使用し、優しくシェイク&ステイ。ジャスターフィッシュの特徴である、縦扁平ボディーでナチュラルロールを出し、ユラユラと漂いながらも、テールが下がらない姿勢で止められ、更に喰わせのアクションにダートも織り交ぜられる、にも関わらず、非常に扱い易いワームです。

皆様も是非、冬季の琵琶湖オカッパリにジャスターフィッシュ3.5のDSをキャストしていただきたいと思います。

反応が有るから楽しいですよ〜!!

釣れる釣れる。琵琶湖オカッパリの初釣りで二桁突破!!

久米です。皆様明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

とっいう事で、琵琶湖オカッパリ初釣りに1月2日に出てきました。琵琶湖南湖到着がお昼前になり、さっと準備をしキャスト開始。

さすが琵琶湖で、沢山の釣り人で賑わっていたので、手堅く釣りたかったので、ジャスターフィッシュ2,5(野エビブルー)の1,8㌘ダウンショットからスタートします。

すると、開始早々、直ぐにバイトが入り、良いコンディションの魚がヒットしますが、雨がパラつ、風が吹き出した途端に反応がしぶくなります

そこで、久しぶりにスプリットショットを投入、すると、これがアタリました❗先ずはロングキャストし、着低。

極めて軽いショートトゥイッチを2度し、ゆっくりとロッドを引き込むとバイトが連発で可愛いサイズですが数釣りが楽しめます。

このまま続けても良かったのですが、釣れている間に試してみたいと思い、ジャスターフィッシュ3,5ダウンショットに変更し、カラーを色々とローテーション。

すると、ワカサギシルバーフレークに反応が良く、これもバイトが多発。昼からの釣行で、軽く二桁越えの釣果となりました。

アクションですが、ラインスラッグを揺らす程度のシェイクと、止める時はしっかりと止める、(この時もスラッグは出す)要は、ラインを張りすぎない事で、ジャスターフィッシュのユラユラアクションを最大限に活かせ、結果バイトに繋がる事を再認識できました。

友人のU-さんにもアドバイスさせていただくと、あっさりとヒット。

皆様も、防寒対策をしっかりとし、ジャスターフィッシュを持って琵琶湖オカッパリに行って欲しいと思います。琵琶湖初釣りは、ジャスターフィッシュ様々で楽しい時間になりました。

日々の釣行は自分のブログ(琵琶湖オカッパリおっさんバザーの奮闘記)で更新させて頂いておりますので、そちらも是非、参考にして貰えればと思います。

フットボールの釣りで、ショートカットが効く

お久しぶりです!オッチーです。今年の冬は暖冬と言われてますが、気温も下がってきており、いよいよ冬本番になってきました。

今回紹介するのは、フットボールジグの釣りです!

基本的にはシャローもディープも狙えるリグなので使い勝手が良く、この時期から多用するリグの一つになっています。

GET NETのワームでラバージグと言えばジャスターホッグを思いつく方が多いと思いますが、実はジャスターシャッド42もジグの釣りでかなり使えるシャッドテールワームです。

杉戸船長がラバージグのトレーラーで使えるシャッドテールワームとして作ってますから、間違いない!!!

今回は僕が使用したのもジャスターシャッド42でした。ですが、少しだけ、チューンしてあり、頭の部分を1.5センチカットして使用してます。

このチューンで、ジグとの一体感がでて、ショートバイト対策にもなってます。

使い方は超シンプルでリフトとフォールを繰り返すだけですが、キモがあります。

それは、ラインメンディングを自分の正面でまっすぐにすることと、移動距離を抑えるようなアクションを心がけることです。

もちろん、ジャスターシャッドは軽くアクションを付けるだけで、しっかりとテールを振るような構造にしてあり、移動距離を抑えての操作にも対応してくれます。

今回は半日だけの釣行になりましたが、40アップを2本釣ることができました!!

ちなみに、フットボールジグのフォローでジャスターフィッシュ35のダウンショットを投入すれば、レギュラーサイズも釣れたりするので、こちらも参考にしてくださいね!!

それでは、皆さんイイお正月を。笑

このページのTOPへ