実はかなりチヌ、キビレが釣れます。

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖東岸オカッパリ、苦手なライトリグで50UPを!!

山原です。5/28(火)、雨の琵琶湖・東岸オカッパリに出撃していた、川西君からの釣果情報です。この日もライトリグ特訓しに、ジャスターフィッシュ3.5のDS片手に、朝から丁寧に探り続けていたところ…

良い感じの引っ掛かり具合の場所を見付けて、しつこく誘っていると、ステイ中にコンッ❗とバイト‼️なかなかの重量感と強い引きに慌てながらも、無事ネットイン❗

ドーン❗っと、今年最初の50UPをGETNET❗

ジャスターフィッシュ3.5のダウンショット(2.6g)。カラーは、スパークワイン❗いくつかカラーローテーションしながら、たどり着いたこの日の当たりカラー。

苦手なライトリグ頑張った甲斐がありました。川西君も大喜びでした。

ジャスターフィッシュ3.5(スパークワイン)のダウンショットの様子はこの動画でご覧になれます。

スローに引けて、レンジキープしやすい!!数も釣れる!!

関東フィールドモニターの岡田です。そろそろ水面でバイトが出る季節になってきたので、ダブルフラッシュインディアナブレードを巻いて来ました。

オリジナルのダブルフラッシュでは、表層早引きでの釣りが好きな自分ですが、時期的にバスがまだそこまで活性が高く無いので早引きはもう少し後。

しかし、今回インディアナブレードの採用で、中層でもスローに巻けるようりなり、レンジキープもしやすくなったおかげでこの魚が獲れたと思います。

特に、1/8(3.5g)の小さなブレードでも、しっかりと手元に振動が伝わり、巻いていてとても気持ちが良いです。

ジャスターシャッドをトレーラーにしてもコンパクトな為、数釣りも期待できるんじゃないでしょうか。

オリジナルとインディアナブレードを、魚のコンディションに合わせて、楽しい巻きの釣りを楽しんでください。

 

霞水系オカッパリでジャスターツアーを開催!!

君和田です。令和になって最初の関東ジャスターツアーを開催しました。

霞水系は減水が進み、水位が低くオカッパリからでは、なかなか難しいコンディションでしたが、参加した皆様で広大なエリアから、GETNETルアーを使って、複数の釣果報告がありました。

先日の動画ロケを頑張った関東スタッフのピロさん、ジャスターフィッシュのネイルリグでゲット。新商品のジャスターフィッシュ2.5インチ、ヒウオカラーです。

続きまして、同じくスタッフのMASAさん。自作スモラバにジャスターホッグ2.3インチをセットして、中層スイミング。

下から食い上げバイト連発だったそうです。

メンバーのRさんはジャスターホッグ3.3インチのテキサスリグで釣果。

ジャスターホッグのテキサスマスターです。

自分も北浦にて、ブリキンジュニアで護岸下を通して釣果出ました。護岸下のシェードから突き上げてきました。

さらにジャスターフィッシュ2.5インチ、ヒウオのダウンショットで連発。

新商品のジャスターフィッシュ2・5インチは、この時期のスジエビや、他魚種の稚魚、白魚など複数のベイトに似せたアピールのできる、とても使いやすいワームです。


止めておいてもテールの絶妙なアピールで、バイトに持ち込めるなくてはならないるーあです。

以上、取り急ぎ、今日のイベント報告いたします。ジャスターフィッシュのヒウオは2.5も3.5もどちらも釣果でまくりで楽しいです。

このページのTOPへ