丸見え、ブラックバスが湧いてきて大興奮!!楽しすぎる真夏の池原ダム「ルアー合衆国」を動画で公開

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

ボリュームUPで57cm

0707 57cm

オカッパリでこのサイズを、それも日中に釣るとは、相変わらず凄いの一言。どうやって食わすのか!!ショータレポートを紹介します。

お疲れ様です。ショータです。7月7日(月)爆風で悪条件の中、午前中に短時間勝負で釣行に行き結果を出せたので報告します。

朝から風が強くラインもPEなのでスローに落とす事が難しい状況。そこで、あえていつもより早くフォールさせて、逃げていくものを食わせるという意識でキャストしていました。

0707 57cm ヒットルアー

釣れた状況としては、カバーにキャスト後早くフォールさせリグがボトムに着底したら少しステイを入れている間に徐々にティップに重みがのるようなバイトをしてきました。

着底後、ジャスタークローラー6.7がゆっくりと倒れこんでいる間にバイトした感じです。

0707 57cm ヒットルアーUP

今回この魚が釣れたリグとは、テキサス14gにラバーでボリュームアップしつつフレア感が欲しかったのでサスカートを付け、ジャスタークローラー6.7ライトウォーターメロンレッドフレークカラーをセットしたものです。

サスカートを付ける事によってボトムでのアピール力が増して、この魚が釣れたと思います。

0707 40UP

こちら2匹目の40UPは、爆風でもしかしたら護岸の縦ストについているのではないかと思い、フリッピングで護岸際を狙う事にしました。

0707 40UP hitlure

リグはBFストロンガー3.5gにジャスターホッグ3.3スカッパノンカラーをセットしたものです。

フリッピングでキャストし。フリーフォールさせた後ステイをしっかり入れてアクションし始めたと同時に重くなるバイトをしてきました。

以上、ショータレポートでした。

140705_182801

そして長谷川パパは、5日に45cmをGET。

140705_182721

ヒットルアーは、パパの鉄板、ジャスターホッグ4,3のヘビテキ21gでした。

東岸オカッパリでのカバーの釣り。これからますますシーズンに入るので、結果が楽しみです。

只今、東岸オカッパリで必要なテクニックの一つ、天井シェイク。いったい水中でどんな動きをしてるのか!!オカッパリでデカイのが狙える必殺天井シェイクの水中映像は必見です。是非、ご覧ください。

まさに、これぞ小魚!!と思わせる映像が満載な動画を公開しました。是非、イメージから確信に変えて頂き、実践で役に立てて貰えればと思います。

ジャスクロとジャスホ!!

 

3

リザーバーや野池でデカイのを狙う場合、見えバスを如何に仕留めるかは、かなり重要なテクニックとなります。

マーシ山本はジャスターホッグ2,3のダウンショットが、見えバスハンティングにおいて最強の武器となっておりますが、クローラーも勉強中との事。

そんな勉強中の釣行レポートを送ってくれました。

4

お疲れ様です!山本です!7/2釣行のレポート送ります。今回は午前中ジャスタークローラー5,7をメインに頑張りました。
ストレートワームは苦手意識があったのですが、ジャスタークローラー5,7ネコリグを使って1キャスト目からバイトが♪

1

のんびり歩きながらキャストを繰り返すと釣れる釣れる(汗)ブラインドで釣ってたのでなかなかサイズアップしませんでしたが、15匹程釣ると嬉しい40UPもキャッチ出来ました(^^)

2

何となくですが、ジャスタークローラー57の使い方分かってきました!

7

午前中は30~42㎝までを20匹程釣ったので、午後からは得意のジャスターホッグ23ダウンショットで楽しんできました。

6

前回ほど爆発力はありませんでしたが、手堅く45UPを2匹をキャッチできました。

9

やはり2匹ともに川エビを狙ってた魚で、ジャスターホッグ23をためらいもなく食ってくれました♪

8
まだまだこのパターンは健在のようで、次回釣行も楽しみです!

そしてお次は曽我部さんからもレポートを頂きました。

10

曽我部です。今日は朝練で、リザーバーのオカッパリに行って来ました。

スタートはジャスターシャッドで表層から中層、横の動きに反応するかをチェックしましたが、いい反応が得られず、バックウォーターへ。

到着すると目の前にフローティングカバーがあり、周囲には小バスがチョロチョロ。

横持ち 23

カバーの中にバスを発見したので、カバーの外側で、ジャスターホッグ23のダウンショットをシェイクしていると、カバーの中から飛び出して来たので、すかさずトゥイッチしてやるとバイトしてくれました。

横持ち23の口

その後はカバーから出ていくのが見えたので、少し下ったところのコンタクトするポイントで一点シェイクで1本。

魚

対岸にあるチャンネルが絡んでいるフラットエリアで、着水後ステイ。バスが寄ってきたらシェイクで食わすパターンで1本と、バラしも含めるとたくさんのバイトが得られました。

口 DS23

今回メインとなったジャスターホッグ23のダウンショットですが、

縦持ち

メインベイトとなる川エビやゴリなどの動きをしっかりと出せて、サイトが苦手な自分でも、たくさんのバイトが得られ、楽しい時間が過ごせました。

縦持ちの口の中

これから夏本番。バックウォーターのデカバスをガンガン釣っていければと思います。

まさに、これぞ小魚!!と思わせる映像が満載な動画を公開しました。是非、イメージから確信に変えて頂き、実践で役に立てて貰えればと思います。

週末は!!琵琶湖のオカッパリとボート               

0706 52cm

7月6日(日)、朝から琵琶湖の湖畔は大賑わいとなっており、有名スポットはどこもハイプレッシャーとなっておりました。

そんな中、東岸オカッパリのエリアを動き回っていた山原さんが、52cmをGET。

0706 52cm hitlure

ヒットルアーは前日に購入したジャスタークローラー6,7(ブルーギル)を直リグ7gにセット、まだまだ比較的薄いカバーの中に入れてGETされました。

IMG_20140706_174740

さらに、高橋会長も東岸オカッパリに出撃。かなりデカイのを掛けたにも関わらず、フックが伸びてしまい、フックオフ。

その後、他よりも水が動いているスポットを釣りながら探していき、42cmをGET。

IMG_20140706_174649

ジャスタークローラー5,7(セブンパームスオリカラの琵琶湖ギル)のジグヘッドワッキー2gでした。

__ 3

伊澤さんは39cmをGET。

__ 1(1)

こちらも、ジャスタークローラー5,7(セブンパームスオリカラの琵琶湖ギル)で、直リグ10gにセット。ボトムで軽く誘っていると、バイトしてきたとの事です。

また、同日、湖上に出ていた成田さんからは、久しぶりに生命感に溢れる琵琶湖に出会ったと釣果レポートを頂いたので紹介させて頂きます。

お疲れ様です。成田です。

今日(7月6日)、雨の降り出す3時前までパトロールしてみました。今年の琵琶湖では珍しくバイトありありでした。20本ぐらいは出たかな?2本良いのが出ましたのでレポートします。

メインエリアは、一番アウトサイドのチャンネルでウィードの外でベイトを狙ってるような個体に狙いを絞りました。

IMG_4562

48センチ
ジャスターフィッシュ4.5琵琶湖フラッシングハス1.8gジグヘッド、ボトストしながらウィードにかかると少し跳ね気味で立てに切るとバイトして来ました。

IMG_5153

昼からは浚渫に絡む
アウトサイドでカナダ藻とエビ藻の複合パッチで54センチがバイトして来ました。

IMG_7250

ジャスターフィッシュ1.8gジグヘッドプロブルーでカナダ藻に絡めながらボトムでステイで食って来ました。

以上、成田さんからでした。

4

5日(土)船長琵琶湖ガイドの詳しい模様は、杉戸船長ブログで公開中です。

ここでも、やはり活躍したのはジャスターフィッシュ4,5のジグヘッドでした。困った時、とりあえずこれさえ有れば、何とかなる感じです。

ジャスターフィッシュ4,5のアクションはこちらを見て貰えれば、一目瞭然です。懐かしい映像です。

只今、東岸オカッパリで反応良好な天井シェイク。いったい水中でどんな動きをしてるのか!!オカッパリでデカイのが狙える必殺天井シェイクの水中映像は必見です。是非、ご覧ください。

只今、ジャスタークローラのアクションが一目で理解できる動画を公開中です。是非、ご覧ください。

このページのTOPへ