短時間野池釣行でデカイのを釣る為に!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

野池で50UPを2本、アプローチ方法を考えて!!

お疲れ様です!!オッチーです。三寒四温も始まり、本格的に春になってきました。
魚もシャローを意識しはじめ、いよいよシーズンインですね!

今回は連日、野池に釣りにいってきたので、その時のレポートになります。1日目は、巻きの釣りからフィネスまで幅広く釣りをしました。もちろん、何となくではなくて、フィールドの状況を掴みたかったからです。

春といえばスポーニングですが、毎日バスのポジションはバラバラで外せば、釣れない事も多々ある季節になります。僕が個人的にキーとしてるのは、ワンド。ワンドの浅い側かベイマウスなのか?

これを基準にアプローチ方法を考えるようにしています。

1日目は風が当たらないシャローでバスらしき波紋が見えたので、すかさずジャスターフィッシュ35のDSをアプローチ!!当日はハイライトで水質もクリアでしたので、カラーは野エビブルーを選択しました。上手くタイミングが合い50アップが釣れました!!

ラインを3LBを使用していたので、ランディングした瞬間切れたので危なくバラす所でしたが、サイトでは、ライトラインのメリットは大きいので、オススメですよ!!

2日目は晴天無風のタフな状況。一見暖かく釣りやすいと思われる状況ですが、それは人間側だけで、バスは日向にやる気なくサスペンドしてるだけパターンがよくあります。

そんな状況では、カバー撃ちが有効になることが多くあり、ジグにジャスターホッグ33でひたすらカバー撃ちをしました。もちろん、ハイシーズンのようにテンポよく撃つのではなく、じっくりと丁寧に誘ってあげてください。

また、ジャスターホッグはラインを揺するだけで、パドルが動くので、そういった状況に極めて有効になります。アプローチを続けていると、ゆっくりラインが走ったので、フルフッキングして釣れたのは、またもや50アップでした。

なかなか難しい季節ですが、気合いで魚を追いたいと思います。笑

これも釣れる!!シラウオパターンがはまった!!

こんにちは!関東フィールドスタッフのピロです!今回は、霞水系ではメジャーなシラウオパターン縛りで出撃してきました!

風表のシラウオが居そうな所からスタートして直ぐに1本目!ジャスターフィッシュ35(ヒウオ)+ジグヘッド(1.3g)

ルアーが、シラウオのレンジと合えばプルプルとシラウオからのアタックを多数感じる事が出来ます!

風の当たるエリアメインなので、濁りがキツイエリアもあるので、そんな時にはダブルフラッシュスピン!

ワーム単体だけだと、魚に見つけてもらえない可能性が有りますが、そこでこのブレードが非常に有効となってきます。
ブレードでアピールして、ワームで食わせるイメージですね。これもシラウオパターンとして使えると思います。

短時間でしたが良い釣行になりました!是非、シラウオパターンにて試してみてください!

40upが連発、五山川でもブリキン祭り!!

フィールドモニターのセイゴです!3月24日(日曜日)の五三川夕マズメ釣行のレポートになります!

もう3月も終盤で暖かく水温も上がり、魚はシャローへの意識が高くなっています。この日は夕方に風が強い状況でしたので、風裏シャロー狙いに絞りました。

バスもベイトも追える様になってきているので、一発狙いのブリキンスイマーjrでアプローチ!!

狙い通りの風裏シャローに入り、護岸スレスレのラインをスローリトリーブで引いてくると、護岸のえぐれから飛んで来てひったくるバイトで1発目の40upゲットです!

その後も丁寧に護岸沿いにアプローチしていくと、チェイスとバイトが数回出るもキャッチできす。

しかし、バスが居そうな護岸+杭が絡んだ一級ポイントでは一度で出なかったので数回通してあげると下から突き上げバイト!

ブリキンはここぞというポイントでは、何回も通してあげるのがキモ。春らしいコンディションの良い40upがゲット出来ました!

しっかりバイトしてくれているので丸呑みです!これほどいいバイトが出るようなコンディションになってきている状況の五三川。

あったかくなり動き出したばかりの魚から、動きまくってエサを食べている個体まで、ブリキンスイマーはゆっくり引く事が出来るので魚へしっかりとアピールしてくれて魚を引っ張ってくることが出来ます!

これからのシーズンでサイズアップ狙いや、朝や夕方のフィーディングで差してくるナイスサイズなバスへのブリキンスイマーでのアプローチ是非お試しください!!

ブリキンを使う前に、この動画を観てイメージングして下さいね。

このページのTOPへ