琵琶湖オカッパリ、相性抜群なフリーリグで50UP!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖オカッパリでも弱チューンで連発!!

2019年7月2日(火)、洗堰の放水量が上がり、変化のあった琵琶湖・東岸&西岸オカッパリに出撃した、川西君のレポートです。

朝イチ、東岸のリップラップ際を、ブリキンスイマー5.4(狂わせチャート)でランガンし、わずかに変化のあるリップラップ際をデッドスローで通して来ると、いきなりの強烈引ったくりバイト‼️

朝から、さい先よく50アポをGETNET❗

ブリキンスイマー5.4(狂わせチャート)。

アングラーからの視認性の良さも去ることながら、魚が狂ったようにバイトしてくる最強カラー❗狂わせチャート❗本当に良いカラーです。

この後も、同じようなスポットをランガンするも、反応を得られずモーニングチャンス終了…。ここで、久しぶりに南湖・西岸に移動。

良い感じでウィードが生えていたので、ジャスターシャッド4.2の弱チューン・ネイルリグ(1.8g)で、2回トゥイッチ+カーブフォールで広範囲に探ると…トゥイッチ後のカーブフォール中にバイト❗
しっかり送ってからの、フルフッキング❗

ナイスコンディションの46cm。

ジャスターシャッド4.2の弱チューン・ネイルリグ(1.8g)、カラーは、野エビブルーでした。

弱チューン・パターンまだまだ続きますよ❗同じストレッチを、どんどこ探り続けますと、またまた弱チューン・ネイルリグが、フォール中に喰われました❗


41cmとサイズダウンも、連続ヒットに歓喜❗完全にエリアと釣り方がハマったね❗

今度は、バックリ丸飲み❗

さらに続きます。ジャスターシャッド4.2の弱チューン炸裂❗

完全にエサですな‼️😁充分に琵琶湖を満喫して余裕の早上がりとなりました。パターンにハマると恐いですね…。今までの不調が嘘のように…(笑)

ジャスターシャッド4.2の弱チューン・ネイルリグ(1.8g)、ウィードが徐々に生えてきたエリアでは、ジグヘッドでは引っ掛かり過ぎたり、ゴミを拾いすぎたりするときこそ、オフセットフックを使ったネイルリグなら、ストレスなく、手早く、広範囲に探れて、魚も釣れて言うこと無し❗

特に、ギルバイトのあるエリアでは、マスト・アイテムですよ❗

ジャスターフィッシュ、ジャスターシャッド、ジャスターシャッド・弱チューンを状況に応じて使い分けることで、たくさんの魚に出会える可能性は大ですね

弱チューン・ネイルリグとは❓コチラの動画をご覧下さい。

野池で連発、50UPもGET。フリーリグとの相性は抜群!!

久米です。6月29日の野池オカッパリ状況になります。この日は、雨予報が外れかなり蒸し暑い日となりました。
ローライトでスタートしたにもかかわらず、中々厳しい反応となりましたが、唯一反応が良かったのが、ジャスターホッグ33の5gのフリーリグ❗️

先ずは、友人の草村さんがロッドをブチ曲げます。ヒシモに絡めながらのリフト&フォール。キッチリとステイさせるの意識してもらいながらアクションをして、ステイ中にラインが入っていったところを巻きながらのフッキング。

ヒシモに絡まれながらも、ジャンプやツッコミをいなして無事手中に収めたのは、ナイスコンディションの50㎝。

少し移動した先では、自分が40㎝を。

この時も、引っ掛かりを外してロングステイしているとラインが引き込まれました。

更に移動し、続けざまに草村さんがアベレージサイズをキャッチ。コンディションは良く中々引いてくれるので、笑顔満開になります。

やはり、バイトは全てステイ中❗️ジャスターホッグの高浮力ソフトマテリアルがフリーリグにマッチしているのは間違いなく、ステイ中にも、ユラユラふわふわと自発的に魚を誘ってくれてますね〜

なので、ステイ中はしっかりとラインスラッグを出し、止めてあげるのがキモでありチャンス。

皆様も、ジャスターホッグのフリーリグをお試しください。楽しい釣り方ですよ。

実はかなりチヌ、キビレが釣れます。

こんばんは、シンペーです。今回は二年ぶりとなる三重県中部の河口エリアでチヌゲームをしてきました。

まずはボトムを探るためジャスターホッグ23の直リグで狙っていきます。ジグヘッドで狙われる方が多いのですが流れもあり障害物回避の為の選択です。

まずは歩きながら岸沿いのゴロタの境目を狙っていきます。シェイクとステイを繰り返しながら誘うと明確なバイトがありフッキング!

かけてすぐさま重さが伝わってきて慎重にやり取りをすると上がってきたのはキビレでした。

ジャスターホッグのカラーはブルーギルです。シンカーの重さは5gで、ポイントとしては下流側にショートキャストで狙います。

上流にキャストするとラインやシンカーが流されたりするのでスタックしやすく近距離でもラインブレイクの原因となるので初めてだったり状況がつかめないポイントの時はおすすめです。

続いては同じ仕様で水門周りを狙います。ここでも水門の端にキャストし流れのよれてるポイントでシェイクで狙うと同じようにバイト!

こちらも上がってきたのはサイズアップのキビレ。

チヌやキビレはバイトがあれば即合わせしがちですがどちらの魚もバイト後でも離さずしっかりとフッキングできました。

続いては少し場所を変え橋脚を狙います。流れの変化が大きくベイトも多かったのでシンカーの重さはそのままでジャスターシシャッド32のフラッシュレッドに変更。

橋脚の下流側ベタベタにキャストをしラインテンションを少しかけながら流れにのせながら放置すると一投目から引ったくるバイト!

慌てたフッキングになりましたがしっかりとかかり先程までのキビレより重さが伝わってきます。ギラッとひかる魚体。友人にランディングしてもらいゲットできたのはチヌ!

いいところにフッキングできでました。橋のライトがある場所ではフラッシュレッドが存在感あります。そして、干潮となり釣行は終了しました。

最近はチニングとして人気が高くなってきています。小さくても存在感のあるジャスターホッグ、ベイトが多いポイントには自発的アクションのジャスターシャッドの使い分けで専用のタックルでなくてもバスタックルでも狙える魚種ですのでぜひ、狙ってみてください。

ジャスターホッグ&直リグをソルトで使用する内容がこの動画で紹介されておりますので、是非ご覧下さい。

このページのTOPへ