日曜日の五三川で40UPを2本、超ハイプレッシャーでも釣れる

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

極寒野池でナイスサイズをGET

久米です。1月18日のレポートになります。お昼過ぎから時間が空いたので、野池に。
その日は、雨がパラつき、冷たい風が吹き抜ける悪条件でしたが、先ずは手堅くジャスターフィッシュ2,5(野エビブルー)の1,8㌘ダウンショットでスタート。

何時もより、アクションを優しく、移動を抑えたシェイク&リトリーブを徹底し、少しでも違和感があれば、しっかりとステイを入れるを心がけ、更にキャスト位置を細かく変えて釣り込みました。

15時過ぎに風が弱くなったタイミングで、ステイさせていたジャスターフィッシュ2,5をアクションさせようと、ラインスラッグを取り、1~2度アクションさせた時に、僅かにロッドティップに重さが伝わり、巻き合わせて対応。

真冬の野池のコロンコロンバスを無事キャッチ。さすがに吼えました。

 

しかし、ジャスターフィッシュ2,5の喰われ能力の素晴らしさには毎回、助けられております。発売されましたら、是非キャストしていただきたいと思います❗

極寒琵琶湖攻略の動画を公開中です。是非、ご覧下さい

ウィードが極端に少なくなった琵琶湖。さらに極寒の冬となり、リアクションの釣りがメインとなる状況で、究極の喰わせ技で連発。春は必ず爆釣するジグヘッドスイミングだが、実は冬でも釣れる。

極寒の琵琶湖で、杉戸船長が実践レクチャー、さらにジグヘッドがどのように動いているのか!!水中映像も必見です。是非、ご覧ください。

相変わらず、数釣りは楽勝な琵琶湖オカッパリ。

久米です。1月13日の琵琶湖オカッパリレポートになります。

朝焼けが綺麗な琵琶湖湖畔からスタート。少し遅めにポイントに入りますが、この日はポカポカ陽気で、既に釣り人でイッパイ。

少し待っていると、運良く狙いのスポットが空いたので、確実に釣るために最初からジャスターフィッシュ2,5(野エビブルー)の1,3㌘ダウンショットをキャスト。

すると、やはり❗釣れます。張らず弛めずのラインスラッグを十分出した状態をキープしながらシェイク&リトリーブ。

その際のイメージは、水中でジャスターフィッシュがユラユラロールアクションをし、テールがパタパタと、小魚がホバリングしている感じを演出して使っておりました。

魚が喰えばラインが張ったり、フケたりするので、巻き合わせで対応。

一緒に行っていた藤田さんも、ジャスターフィッシュ2,5を使用し、コツを掴むとパタパタとキャッチ。

森井君も、少し離れた場所でヒウオカラーにて、数匹をアッという間に。

ハイプレッシャーな場所でも、寒い時期の今でも、頼りになるジャスターフィッシュ末弟の発売が待ち遠しくなります。サイズはどうであれ、これだけ反応が有り、数が釣れると冬の琵琶湖オカッパリもかなり楽しいです。

このページのTOPへ