琵琶湖オカッパリ、ボトム狙いで連発!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖オカッパリ、カバー撃ちで50UPを連打。最大57cmをGET

山原です。 9/8(土)台風後の琵琶湖・東岸オカッパリレポートです。

この日は夜明け前から土砂降り…。台風でウィードやマットも流され、1から魚を探し直す事に。友人からの情報で、マットの残っている場所と駐車場所を教えてもらい、いざ出撃❗

付近の様子を見ながら、ジャスターホッグ43の直リグ1oz.を撃ちこんでいきます。すると、開始10分余りで反応が出ます。

別の場所に居た弟子(弟子にした覚えないけど…(笑))から、「巻物したら直ぐに釣れた❗」とジャブを打ってきました。ならばこちらも負けじと応戦❗

足元のカバーに落として、着底後のステイ中に違和感を感じ、ティップに軽く重みを乗せると、勢いよく走り出したので急かさずフッキング❗カウンターパンチ見事に決まりました❗

ドカーンと釣った本人もビックリポン⁉️な57cm‼️ ヒットルアーは、GETNET ジャスターホッグ43の直リグ1oz.カラーは、メロンレッドブルーフレークでした。

このメロンレッドブルーフレーク個人的にラメの大きさや量が丁度良い感じで大好きです❗水質に合わせてローテーションできるカラーの仲間入りですね~❗

さい先よく一本捕れたので、ホッと一息… つかずに、普段来ないエリアなので、どんどん撃ち進みます。すると~、、、落ちパクで、グングン・ギューン❗と持って行ったので、フルフッキング❗

カバーに蒔かれないよう、一気に引きずり出して無事GETNET❗ジャスターホッグ43の直リグ1oz. カラーは同じくメロンレッドブルーフレーク。

良い仕事しますね~❗ 2本目も50up❗タイミング良くポイントに入れたみたいで連発❗

弟子は、これでノックアウト…(笑)リズム狂ったみたいで、3連続ミス❗
アドバイスしながら、動作を観察していると…4度目の正直で、やっとフックアップ❗しかし、少し送り過ぎたかカバーに蒔かれてロック…。

しばらくの綱引きのあと、やっと出て来て、無事ネットイン❗ コンディションの良い、47cmをGETNET❗

ヒットルアーは、GETNET ジャスターホッグ43の直リグ21g。カラーは、イベント限定カラーの「フラッシュザリ」

もう少しで身切れしそうでしたが、何とか捕れてよかったね❗

大雨、曇り、雨、曇り、雨、曇り、晴れ、曇り、雨、曇りと目まぐるしく変わる天気でしたが、思っていた以上に反応があって1日楽しめました❗

五三川で50UPと40UPを連打、その釣り方は!!

五三川をホームをしているフィールドモニターの伊藤です。

8月31日五三川夕練釣行のレポートをさせて頂きます。この日は、風が吹き、雨も降ったり止んだりしていて、1日ローライトでしたのでバスは活性は上がっていると思える日でした。

僕はこの時期の五三川でこのような状況の時は、まずはブリキンスイマーを使い攻略しています!

この風や雨だからこそベイトの溜まるエリアや、荒れた水中を嫌う個体に対応する風裏のエリアを狙います。

五三川にはカバーや護岸が多くありますがただそれを狙うだけではなく、雨が絡んでこそ水が動く水門やインレットの絡んだカバーや、風裏になりやすい護岸それプラス杭などを狙っていきます。

この日はこのような水門が絡んだカバーがあるエリアに入りブリキンjrをオーバーハングの中に入れ少し早めに巻いて来た所ですぐに飛んできました40up!!

その後は風が少しブロックされていて杭が隣接されている護岸を見て回りました。

そうするとベイトが溜まっているのを確認出来たので護岸沿いをベイトに合わせて少しレンジ下げてブリキンjrを通すとベイトが散った瞬間に護岸の水中にあるエグれからバイトしてきたのが50upでした!!

この日のように風や雨で濁りが入っている時のカラーは魚から目立つとの自分自身の視認性の良さからピンクウィニーや狂わせチャートを使用しています。

それプラスリアクション要素で早巻きをする時や、レンジを少し下げて使う時には1.3g前後のネイルシンカーをお腹の部分に入れています。

これをすることによりスピード調整やレンジ調整を自由自在に操る事が出来るようになります。

ベイトが大きい時や水面が荒れている時はオリジナルサイズで、ベイトが小さかったりプレッシャーがかかって厳しい時などはブリキンjrで使い分けをするとそれにあった良い魚がキャッチ出来ると思います!

あとブリキンjrは4.4inchと言うスイムベイトが苦手な方でも手軽に扱えるサイズ感です!

是非!五三川でのブリキンスイマー攻略お試しください!!

霞水系オカッパリで40~50UPが連発、

どうも関東のフィールドテスターのピロです。

9月に入り日々フィールドは夏から秋へと移行しつつあり、更には連日の雨で増水、濁り、水温低下と厳しい状況の中で出撃してきました。

濁りか有る中でもより良い水がある流入エリアのカバーへブリキンJrをキャストして、ただゆっくり巻くだけ。釣り始めて、いきなりの50UP。

このサイズが、なかなか関東では釣れないので大興奮でした。

更に同じ用なカバーへキャストすること数投するとお次は、45UP。

この魚も同じく、只管カバーの際をゆっくりと巻くだけで食ってきます。

さらに、同じように巻き続けて40UPを追加。

短時間の間に連発、それも良いサイズばかり。完璧にブリキンJrの狂わせチャートがハマッてた感じでした。

特に、このJrのサイズ感が最高で、かなりの確率でフックアップします。

是非、皆さんもこれからの時期にブリキンJrで丸見えバイトを体感してみてください。病み付きになっちゃいますよ。

現在、ブリキンキャンペーンを開催中ですので、ドンドン投稿して下さいね。

このページのTOPへ