琵琶湖東岸オカッパリ、苦手なライトリグで50UPを!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

最大59,5cm 琵琶湖オカッパリで連発です

久米です。5月11日の琵琶湖オカッパリレポートになります。この日、琵琶湖に到着したのが、午前10時過ぎ。
足早にポイントをランガンし、釣り込みだしたのが、お昼頃。

先ずは、最近自分の中で調子の良い、ジャスターホッグ3、3の5㌘フリーリグからキャスト開始。

ですが、中々タフな状況に感じたので、杉戸船長からお預かりしていたジャスターシャッド3、2(野エビブルー)のライトキャロに変更して、少し浮かせ気味にアクションすると、2投目にプリっとした44㎝が。

場所を変えつつ、時間を合わせて本命場所に入り、ジャスターホッグ3、3をフリーリグでキャスト。

この時には、シンカーを7㌘に変更し、動きにメリハリを付け、フリーフォール後にしっかりとステイ(風が吹いていたので)させる為にです。これが効いたか、直ぐ様41㎝をキャッチ。

ラインを結び直した次のキャストでは、49㎝をキャッチする事ができました。

どの魚も、ゆっくり目のアクションをし、引っ掛かりを外したら即座にフリーフォール、やはりステイでバイトでした。

まさに、フリーリグとジャスターホッグとの相性は抜群ですね。

時間の経過と共に、風が止みだし、夕暮れのチャンスタイム到来。さらにベイトフィッシュが水面を騒がせてきたので、この時期に有効なジャスターフィッシュ4、5小魚(上州屋オリカラ)の直リグ7㌘に変更し、キャストした2投目❗

これも、引っ掛かりでシェイクし、外したステイで、重苦しいロッドティップを抑え込むバイト。

フルフッキングで掛けた瞬間に、ちょっと違う感じがしたので、慎重かつパワー負けしない様にやり取りし、キャッチできた魚は、痺れる59、5㎝の3キロオーバー。

これには、人が居るにも関わらず、咆哮してしまいました。琵琶湖オカッパリ、これが有るから最後迄諦めたらダメですね~

ジャスターシリーズに共通する、ステイ時のユラユラアクション。バイトが遠い時程、アクションを続け過ぎますが、きっちりステイを入れて、待ってみて下さい。

そのステイ時にも、水中では誘ってくれていますから、是非試して欲しいと思います。

主軸はこの2つ、サイトでの食わせ力はハンパない!!

Mぞーです!

平成も終了となりましたが、少し振り返ると4月もジャスターベイトで釣果も上々でした!

個人的に使用頻度の多いのはジャスターフィッシュ3.5、ジャスターホッグ2.3 この2つ。

特にサイトを使う場面が多くリグはいろんな場面で応用の効くダウンショット個人的にはグッド。

浮いた魚や回遊組に狙いを絞って選びながらいい魚を探しました。

回遊組にはそのままルート入れる釣り。浮いたニュートラルな魚には一手間入れてからルートへ入れる釣り。 この2パターンでいい魚をたくさん釣ることができました。

年中軸にしているるこの釣り。最終食わせられるかはルアーポテンシャルも大切な釣りだと思っています。

そんな釣りで信頼できるジャスターフィッシュ、ホッグ。皆さんも是非手にとってみて下さい♫

以上愛媛からでした。

短時間野池釣行でデカイのを釣る為に!!

オッチーです。お陰様で忙しくしており、釣りは短時間の野池釣行が多くなっております。

基本的に狙うスポットは、シャローのハードボトム。そこにレイダウンが絡んだりするエリアは春の野池の1級エリアになります。フィールドによっては色々なクセはありますが、春は魚の行動が素直です。
なぜなら、スポーニングという行事があるので、確実にコンタクトしてきます。

確実なエリアで、確実なワームを使う!!  ジャスターフィッシュで決まりでしょうw
ハードボトムが絡む、岬で待ち伏せして、ひたすらシェイクして食わせたのは50アップでした。

また、少し濁りの入る野池にはジャスターシャッド32の弱チューンのネイルリグ。レイダウンに絡めて、ゆっくりカーブフォールさせたら1撃で45アップが釣れました。

フィッシュは水を流すタイプのワームでシャッドは水を受けるタイプなんで、波動が全く異なります。
まずは、簡単に水がきれいなら、フィッシュで少し濁っているならシャッドで使い分けて見てください。

そんな自分の短時間野池釣行の動画がGETNET-TVで公開されたので、是非観て下さいね。

このページのTOPへ