極寒五三川、サイズローテでナイスサイズを!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

琵琶湖オカッパリ、ラバージグで連発、50UPも!!

久米です。10月29日(月)の琵琶湖オカッパリレポートになります。久しぶりの平日琵琶湖オカッパリ。前日の天気予報がハズレ、風も強く冷たい状況。

先ずは、ジャスターホッグ3,3の7㌘フリーリグでキャスト開始するも、何かが違う感じ。

なので、直ぐ様、カルティバ黒豆ヘッド10㌘に自分でラバーを巻いたフットボールラバージグにジャスターホッグ3,3(メロンレッドフレーク)をセットして再度キャスト。

ロングキャスト後、フリーフォールさせ、しっかりステイ。その後、ロッドを縦捌きでボトムパンピングさせ、ロッドが立ちきったらステイ。その間に、ウィードやハードボトムを感じたらステイ。

最初のバイトも、ウィードから外しステイ中に小さくコッとアタリ、ラインがゆっくりと入ったので、フルフッキングでアワセ、キャッチてきたのは、50㎝でした。

フットボールでウィードがキツイ場所がわかったので、その周辺を今度はジャスターフィッシュ3,5(青ジャコ)の2,7㌘ダウンショットで。

ウィードに引っ掛かり、ゆっくり誘い、リアクション気味に外した後のステイ中にグィ~ンとバイト。久しぶりのライトラインの為、かなり慎重にファイトで、43㎝を。

そのまま、ライトにいきたいトコロでしたが、風向きも変わり、再びラバージグに。

アクション中にハードボトムに入ったので、少し長目のステイをしていると、ゴッとバイトしてきたので、ラインスラッグを巻き取りフックセット。

良く引く45㎝を無事キャッチ。

全ての魚がステイ中でのバイトという事は、ジャスターシリーズの真骨頂である仏のアクション(ステイ)が効いていと実感できる日でもあり、低比重ソフトマテリアルの得意分野。

バイトが遠いと、ついつい動かし続けてしまいがちですが、時にはしっかりと止めてあげる事が釣果に繋がると思いますので、良い感触を感じたらステイをして欲しいと思います。

ラバージグにセットしたジャスターホッグが、実際水中ではどのように動くのか!!この動画をチェックです。

五三川で55cm捕獲、超ハイプレッシャーでも釣れる

フィールドモニターのセイゴです。10月29日五三川釣行のレポートになります!

10月終盤になり今の五三川ではバスはベイト追いかけまくっている状態です。

相変わらずのプレッシャーの高さもあり、なかなか大きいルアーではタイミングを逃すと口を使わせれない状態です。

そんな状態だからこそジャスターフィッシュ35でリアクションを意識したネイルリグを使いベイトにリンクしている魚を釣っています!

上の画像の様な完全なる護岸沿いや状況に応じて沖のブレイク沿いなど、溜まったベイト周辺にネイルリグを入れてトゥイッチからのフォールで誘うとエサをしっかり食べているコンディションの良い40UP頭に連発!!

その後も同じ様に護岸沿いなどを丁寧にアプローチしていく中で風が吹いて水が動いた完璧なタイミングが重なった瞬間、強烈なバイトと共に上がったきたのはナイスサイズの55cm!!

トゥイッチのダートアクションでリアクションバイト誘い、ダートの後はシミーフォールでフォール中のバイトを誘えます。それプラスオフセットの為スナッグレス効果が強くネットの上などにもアプローチが出来るので五三川みたいな根掛りが多いエリアなどにも投げていける万能なルアーです!

フラッシングのリアクションでも誘いたいのでカラーはコアユなどを使い、シンカーは0.9〜1.4gなどでレンジやスピードに応じて使い分けています!

ハイプレッシャーフィールドならではのベイトの動きに合わせたリアクションバイトの誘い方是非お試しください!!

10月27日「ルアー合衆国」で放送された内容を動画で公開。 前日から降り続いた雨と、当日の減水で一気に状況が激変した秋の五三川を、杉戸船長とオッチーが挑みます。

フィールドも魚も常に変化を続ける秋と言う季節に翻弄される二人、果たして結果はどうなったのか、是非、放送をご覧ください

2か月振りの琵琶湖オカッパリで40UPが連発

約2か月振りに琵琶湖オカッパリに行かれた伊澤から、釣果レポートが届きましたので、紹介させて頂きます。日時は10月20日(土曜日)

この日の天気予報はハズレで、朝の内はパラパラと雨と風。狙っていた場所が不発だったので、直ぐ様大移動。

所々にウィードが残っているエリアを発見。そのウィードに軽くスタックさせ、そして、ゆっくりとホグし、外れた後のステイでバイトが出ます。

そのまま巻きアワセで、45cmをキャッチ。ジャスターフィッシュ3,5(スパークワイン)の2,7㌘ダウンショットでした。

そして、少し暖かさを感じだしたところで、縦ストにサスペンドする魚を発見。少し離れたトコロにキャスト。

魚が、ダッシュでジャスターフィッシュに一目散、その後、軽くシェイクを加えると、あっさりバイトで、43㎝を無事キャッチできました。

その後、広く探り、ウィードに引っ掛かかったのを外した後、そのままミドスト気味に引いてきたところで、可愛いサイズが連発でした

段々と水温も下がりだし、ちょっと喰いがシブイな~となった時は、手堅くジャスターフィッシュ3,5のダウンショットが効いていると実感できる琵琶湖オカッパリとなりました。

このページのTOPへ