日曜日の五三川で45cm頭に連発!!

2013年11月4日で終了GETNET BLOG&NEWS

実はソルトでもかなり釣れます。

吉田です。今回は夜中に出発し明け方の時合い狙いで三重県南部方面へと行ってきました。
春を告げる魚でメバルなので春を感じてきました。

明るくなり始めた段階で釣行を開始しジャスターホッグ23をジグヘッド単体1.5gで狙います。
カラーはグロウをチョイスしメバルが溜まっている本命ポイントを目指します。

ですが先ずは離れたところからスイムチェックしながら徐々に攻め近づいて行きます。
レンジがわからないので同じところには二回ほどレンジ違いでメバルを探り本命ポイントに届く位置に来たら表層からミドストの要領でアクション沈み過ぎないよう気を付けながらリーリングするとすぐに明確なバイト❗

細いラインなので慎重にやりとりをし上がってきたのは産卵後なのかスラッとした魚体でした。
ですが、しっかり吸い込んで丸のみになっていました。

もう一度、同じように表層を狙うとまた連続でバイト表層の当たりが少なくなってくるまで釣れ続けました。少し時間をあけて次は中層~ボトム付近を狙います。

中層でも釣りかたは変わりませんが表層よりリーリングをゆっくりにし一定層を引いてくるイメージで狙います。

根掛かりを恐れてリーリングが早くなりレンジが上がってきてしまい釣れなくなった過去の経験から我慢してゆっくりにしました。

すると、しっかり反応してくれました。海草にスタックしかけましたがその時だけは弾くようにほぐしリトリーブ再開。メバルはしっかりバイトしてくれるので合わせが決まると気持ちいいです。

中層でも何匹か連続でヒットしましたがすぐさまスレ始めたのでワームカラーを桜ブルーにチェンジですが、あちこちでボイルしているので近付いて来るのを待ちます。ルアーが届く位置でボイルしたのでキャストしただ巻きで当たり釣れたのが何故かサバでした。

そして、あっという間に太陽が上がったので90分程ですがこの日の釣行は終了としました。

前年まではメバルの吸い込みのためにジャスターホッグのメインパドルを細くカットしていましたが今回は何もせずに使用しました。しっかりとしたバイトは確実に吸い込んでくれていたので今後もカットせず使っていきます。

今回のタックルは610ftのライトゲーム用のロッドとソアレCI4+の組み合せにラインはカルティバ マイクロゲームPEハイライト0.2号にサンライン スーパートルネード0.6号を使用。1.5gのジグヘッドにジャスターホッグの23でグロウと桜ブルーを使用しています

ジャスターホッグ2.3はバスだけではなく、ソルトでもかなり釣れるので、是非試してみて下さいね。

ジャスターホッグでの根魚攻略、この動画の中でもボコボコです。是非、ご覧ください。

日曜日の五三川で40UPを2本、超ハイプレッシャーでも釣れる

フィールドモニターのセイゴです! 3月3日(日曜日)の五三川釣行のレポートになります!この頃調子が良く、魚が結構入っている中流のエリアを中心に回りました!

やはり休日な事もあり、アングラーさんで賑わい5m間隔で人が居るような状態でしたが、プレッシャーがかかり出しても力を発揮してくれるジャスターフィッシュ25のネイルリグを使い丁寧にアプローチしていきました!

昼からは雨予報なローライトな1日でした。選んだのは画像のような整備されている護岸周辺でのボトムズル引きのアクションです。

このエリアのボトムには、大量の沈み物があり地形変化が激しく起きています。春に入り暖かくなるにつれて小さいベイトや、エビなどが地形の変化や石の隙間などに溜まり、それを狙うバスにアプローチしていきます!

ベイトに動きを合わせスローに誘いをかけると朝1発目から40upのスタートです!

ジャスターフィッシュ25はこの釣りでのベイトに完全にマッチしていることもあり、バイトが物凄く多くもらえます!

その後も同じようにスローにアプローチしていくと可愛いサイズが次々に釣れてくれました!

人が増えると同時にショートバイトも増えキャッチ率が下がる中でジャスターフィッシュ25のサイズ感だからこその吸い込みの良さもあり、連続ヒットにも繋がることが出来ました!

少し時間もあけ沖からカケ上がりをスローに引いてアプローチに変えてみると、またすぐに40upを追加出来ました!

ベイトにあったサイズ感が重要で、ワームが小さくてもタイミングが合う時には40upがテンポよく釣れてくれています!あとはスローに動かしても、ボトムに引っかけてからパンッと外したアクションでも、ジャスターフィッシュ25は姿勢が安定してくれます!

普段から25のネイルリグには0.4g前後のシンカーを使っています。このセッティングなら普段引っかかっています地形変化やストラクチャーをストレス無くタイトにアプローチする事が可能です!

釣りもしやすい季節になるに釣れて、ハイプレッシャーになるフィールドでの食わせのライトなアプローチ方法、これから先も活躍に期待しています!

発売になれば、是非試してみて下さいね。

五三川も反応出てきました。ハイプレッシャーの中でも釣れる

フィールドモニターのセイゴです!2月28日五三川午後の半日釣行のレポートになります!

気温も二桁に上がり春の一面も見えてきた五三川ですが、暖かくなるにつれて釣り人も増えていき年々キツくなるプレッシャーでの釣りになっていきます。
ハイプレッシャーな状況だからこその今年発売するジャスターフィッシュ25を使ったネイルリグでの釣りを紹介します!

この日は雨が降ったり止んだりのローライトな1日でした。気温は高く、魚はシャローに上がっている感じでしたので中流域のシャロー狙いに。

先行者の方々が居てショートバイトに悩まされているとの事でしたので、ジャスターフィッシュ25の0.4gネイルリグをキャスト!

ゆっくりボトムを這わせながら引いてくるとすぐに釣れてくれました!

その後も魚をキャッチしていく中でバイトが遠くなってきたのでトゥイッチのダートアクションでリアクションバイトを誘うとポロポロと釣れてくれました!

食わせのアプローチをしていきショートバイトが多発しだしたタイミングでのジャスターフィッシュ25は吸い込みも良く、ワームサイズが小さいですがしっかり動くのでここぞと言う所でのタダ巻きのスローなロールアクション、

リアクション要素を出したいときはトゥイッチさせてフォール、しっかり使い分けていくとこれまで取れなかった魚がしっかりとキャッチ出来ます!

ジャスターフィッシュ25でのネイルリグは0.4g前後のシンカー、フックはカルティバのリングドフック#1を使用してます。

五三川ではボトムが引っかかることが多いのもあり、フックはマスばりよりは、オフセットがお勧め。ネットの沈み物や杭に付いている仕掛けなどをタイトに通して行く事が可能ですので。

ボトムをゆっくり引くことも出来ますし、テンポ良く探る事も出来ます!
人的プレッシャーや状況変化での渋くなるタイミングなど、オールシーズンで活躍し続ける事間違いなしです!

発売になれば、是非使ってみて下さいね。

このページのTOPへ