一か月振りの琵琶湖・東岸オカッパリで!!

一か月振りの琵琶湖・東岸オカッパリで!!

IMG_0038

お疲れ様です。山原です。9月13日、14日と琵琶湖東岸陸っぱりに行って来ました。
気が付けば一ヶ月ぶりの琵琶湖だったので、朝から南湖各所を順番に北上して行きました。

しかし南湖はどこも水が悪く、必然とカバーの釣りがメインになりますが何処でも反応があるわけでは無いですね。特に本湖側のシャローは、手前に良いカバーがあっても外側が分厚いトロロ藻に囲まれていて、魚が入ってこれる場所がありません。

分厚いトロロ藻の外側にはベイトもいてバスも居るのですが、遠投して届く範囲ではないので一箇所で粘るよりも、ランガンしてタイミングを変えて入り直したりしないと簡単には釣れませんね。それでいて喰いも浅いので更に難しいです。

結局、1日目はバイトは得られたものの掛ける事が出来ずに終わってしまいました。
2日目は、ロックフェスタの関係で前日チェック出来なかったエリアを二箇所見回るも反応が無く、一路北湖へ向かいました。

さすがに北湖は水も綺麗ですが、風とベイトの接岸状況次第で人気エリアは先行者が多数居ます。今年は鮎の遡上も大半が終わったとのことなんで、なかなか難しいと思います。

気が付けば東岸ロックから沖ノ島を眺めて癒されていました。ただあの辺りはスズメバチが飛んで居たので、行かれる方は注意して下さい。

IMG_6371

昼前には南湖へ戻り、前日バイトを得られた場所を回りました。そして、夕方のラストチャンスで何とか40UPを釣ることができました。

ジャスターホッグ43(フラッシュザリ)の直リグ14gでカバーを撃ち、スローにフォールさせると、そのままラインが走りました。ラストチャンスで絶対に逃がしたく無いので、一気にぶっこ抜いてやりました。43cmでしたが、コンディションの良い魚でした。

結局、二日間で10バイト2フィッシュで終わりました。エリアの選択や釣り方は合っていたのに勿体無いですね。

八月からはスランプ気味だったので、コレをキッカケにスランプ脱出したいです。
風の噂では、ショータ君が釣りすぎて、魚が居なくなったって話です(笑)

« »

このページのTOPへ